(54)【考案の名称】携帯電話機用レンズフィルム

(73)【実用新案権者】株式会社アスデック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話機の表示画面の文字や画像を拡大し、かつ、表示部の表面を擦傷や汚れから保護する携帯電話機用レンズフィルムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、携帯電話機は小型であることが望まれ、その表示画面も必然的に小さい面積となるため、表示される文字及び画像も小さくならざるを得なかった。これに対して、ディスプレーに取り込む文字、及び画像の量は増大し、小さなディスプレー内での文字、画像が視力の弱い人、高齢者にとっては見難く直ちに視認することが困難であった。また、携帯電話の通話使用時に、携帯電話機の表示部の表面が使用者の顔に接触し皮脂や埃等が付着して表示部の表面が汚れ、あるいは、カバンの中等にしまうときに携帯電話機の表示部の表面が他の物と接触して表示部の表面に擦傷がつくことがあった。
【0003】
これまで携帯電話機の表示画面の文字や画像を拡大するために、フレネルレンズを携帯電話機の表示部の表面から垂直方向に一定の距離を保つとともに、フレネルレンズを携帯電話機の表示部の両側面に取り付ける機構を備えたものが開示されている。例えば特許文献1乃至5に開示されている。
【0004】
また、折り畳み式携帯電話機に対応するべく、取り付け方法に工夫を凝らし、両面テープもしくは粘着加工を用いてフレネルレンズを携帯電話の折り曲げ部分の根元に取り付けるものが開示されている。例えば特許文献6に開示されている。
【0005】
さらに、携帯電話機のアクセサリーと同様にプラスチック製の小型のフレネルレンズを、紐体をストラップとして用いることにより携帯電話機の取り付け穴に取り付けるものが開示されている。例えば特許文献7に開示されている。
【0006】
特許文献1乃至5に開示された携帯電話機のディスプレー拡大器具、特許文献6に開示された折り畳み式携帯電話の表示画面拡大レンズ及び特許文献7に開示された携帯電話機に紐体を用いて小型のフレネルレンズを取り付ける形態のものは、確かに、携帯電話機の表示画面の文字や画像を拡大して見ることが可能となる。
【0007】
しかしながら、特許文献1乃至5に開示された携帯電話機のディスプレー拡大器具は、フレネルレンズを携帯電話に取り付ける機構のために、これを携帯電話機に取り付けると、全体として大きくなり、使い勝手が悪いという問題がある。
【0008】
また、特許文献6に開示された折り畳み式携帯電話の表示画面拡大レンズは、レンズを接着している部分が一端のみで他端部は上下に動くため、通話に用いる時に他端部が邪魔になるという問題があり、また、折り畳み式ではないスライド式の携帯電話機などには使用できないという問題がある。
【0009】
さらに、特許文献7に開示された携帯電話機に小型のフレネルレンズを取り付けるものについても、場所をとり、収納に不便であり、外観上も意匠性が悪くなるという問題がある。
【0010】

【効果】

【0013】
本考案の一実施形態によれば、携帯電話機の表示画面の文字や画像を拡大し、かつ、表示部の表面を擦傷や汚れから保護し、かつ、携帯電話機の表示部に繰り返し着脱することが容易で、かつ、安価で外観上も目立たず、収納スペースが不要で、意匠性に優れた携帯電話機用レンズフィルムを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】携帯電話機の表示画面の文字や画像を拡大し、表示部の表面を擦傷や汚れから保護し、携帯電話機の表示部に繰り返し着脱することが容易で、安価で外観上も目立たず、収納スペースが不要で、意匠性に優れた携帯電話機用レンズフィルムを提供すること。【解決手段】携帯電話機の表示部の表面に繰り返し付着し、かつ、剥離することが容易な透明な携帯電話機用レンズフィルムであって、透明樹脂により形成されたフレネルレンズ部と、前記フレネルレンズ部を付着させるための接着部と、フレネルレンズ部及び前記接着部を剥がすための剥がし部とを備え、前記接着部は、携帯電話機の表示部に繰り返し着脱可能な粘性の粘着剤から生成され、携帯電話機の表示部を拡大表示するときには、前記携帯電話機の表示部の表面から略垂直方向に一定の距離になるように剥がし、携帯電話機の表示部を拡大表示しないときには、前記携帯電話機の表示部の表面に付着させる構造を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):