(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】東洋紙商事株式会社

(73)【実用新案権者】株式会社高田洋紙店

(73)【実用新案権者】株式会社三皓商会

(73)【実用新案権者】株式会社石本洋紙

(73)【実用新案権者】株式会社近藤紙店

(73)【実用新案権者】山野商事株式会社

(73)【実用新案権者】えひめ洋紙株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
下から上へと日付が加算されるカレンダーにおいて、下から上へ切り離すことにより、上昇する自分をイメージできる上昇カレンダーとして、切り目を窓形にするカレンダーにおいて、未来を見る感覚で日々を過ごす前向きカレンダーとして使用できるカレンダーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術として、通常のカレンダーとは逆に、最下段もしくは左下隅に元旦(1月1日)の日付を、最上段もしくは右上隅に年末の日付(12月31日)を付したカレンダーがある。(特許文献1参照)
【0003】
また、別の従来技術として、通常のカレンダーと異なり、その月の第一週を一番下の行に、その後の週を順次上の行に配列する。更にミシン穴を入れることで、一週間ごとに破り取り、必要とあらば週毎に記録として綴じることができるカレンダーがある。(特許文献2参照)

【効果】

【0008】
1)、下から上へと日付が加算されるカレンダーにおいて、下から上へと切り離すことにより、上昇する自分をイメージできる上昇カレンダーとして使用できると共に、上部と下部に月表示することにより、切り離す枚数を間違えてもすぐ分かるものである。
2)、切り目を窓形に形成した切取部を1週間単位で切り取ることにより、窓の向こうに新しい未来を見る感覚になり、アンケートにより前向きになるとの声が多くあり、ヤル気を引き出すことができる。
3)、次月と識別(色を変える等により)できるため気分を変えることができ、次月が近づく感覚を覚えることができ、予定の処理がスムーズに行える。
4)、切り離した1週間分のカレンダーは必要に応じてメモ等を保管できる。

(57)【要約】

【課題】 運気が上昇するイメージができると共に、間違うことなく、次月の予定を記入できると共に、窓形に切り取ることにより、未来を見る感覚で日々過ごすことのできるカレンダーを提供する。【解決手段】 1月から12月までのカレンダー用紙に横方向に一週間毎の日付表示する表示部を設けると共に、下から上へと日付が加算されてなり、下方より一週間毎に切り目より切り取るカレンダーにおいて、上部と下部に月表示することを特徴とするカレンダー。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):