(54)【考案の名称】非開削推進装置

(73)【実用新案権者】大阪瓦斯株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、推進軸部材を把持可能なチャック部と、前記チャック部で把持している推進軸部材を推進移動自在な流体圧シリンダとを備えた推進部をピット内に設置自在にして、前記流体圧シリンダの伸張作動で、前記推進軸部材を地中に向けて推進移動可能に構成してある非開削推進装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
上記非開削推進装置は、推進部をピット内に設置して推進軸部材を地中に向けて推進移動させるので、推進軸部材を推進移動させる際に発生する推進反力を受け止めて地盤側に伝達できるように、推進部をピット内に設置する必要があり、従来、推進部を組み付けてある架台を設け、その架台をピットの底面に載置して、その架台で受け止めた推進反力を地盤側に伝達できるように固定している(周知慣用技術であり、先行技術文献情報を開示できない)。

(57)【要約】

【課題】推進軸部材の推進反力を地盤側に伝達できるように、推進部をピット内に簡便に設置できるようにする。【解決手段】推進軸部材1を把持可能なチャック部2と、チャック部で把持している推進軸部材を推進移動自在な流体圧シリンダ3とを備えた推進部CをピットB内に設置自在にして、流体圧シリンダの伸張作動で、推進軸部材を地中に向けて推進移動可能に構成してある非開削推進装置であって、流体圧シリンダにおけるピストンロッド30の先端部にチャック部を一体に設け、ピットの内周面6に対して、推進軸部材の推進方向に沿わせて、両端部を突っ張り固定自在な筒状ケース4に、チャック部をケース外方に突出させるとともに、筒状ケースの長手方向に移動自在にする開口部10を設けて、流体圧シリンダを筒状ケースに内装してある。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):