(54)【考案の名称】清掃用具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、拭き掃除が必要な様々な場面において使用される清掃用具に関するものであり、特に1枚の繊維性生地片から構成され、その両面及び裏面まで使用できる清掃用具に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、日常生活においても、工業製品の製作やメンテナンス、車の清掃、飲食店でのサービスなど、製品や環境を清潔に保つために、多くの場合布ふきんや雑巾が使用されている。このような布ふきんや雑巾のうち、例えば布ふきんは、布製の正方形に加工されたものが多く、雑巾はパイル地(タオル地)の布を二つ折りあるいは四つ折りにして、その上から布地の縦横に縫い目が付されているものが一般的である。このような場合の使用面は裏と表の2面である。
このような布ふきんや雑巾に関して、複数の面を使用可能とし、より機能的に使用することを目的として、いくつか発明・考案がなされている。
【0003】
例えば特許文献1には、「手袋形ぞうきん」という名称の実用新案が開示されている。この「手袋形ぞうきん」は、「不織布、紙、布などの繊維製生地の複数枚を手袋形に裁断して積層し、それらの手挿入口となる箇所を除く周縁部を互いに剥脱可能に接合した」という構成を持つものである。
このような構成による手袋形ぞうきんは、汚れた面を剥がして使うことができ、また指先を使って狭い場所でも容易に拭き取ることができる。さらに清掃作業中に手の甲側を保護することもできる。
【0004】
また、特許文献2には、発明の名称を「ぞうきん及びその製造方法」として、拭き布を裏返し易くし、ぞうきんに挿入する手を汚さず、次々と新しい拭き布が使えるようにすることを目的とした発明が開示されている。
以下、図を用いて、雑巾に関する従来例である当該発明について説明する。
図6は、特許文献2に開示される発明の外形図である。当該発明は、ぞうきんの芯となる基部22と、表カバー18及び複数枚の拭き布21が重なり合うぞうきんにおいて、その表カバー18に切れ目を設けて基部22と表カバー18との間に手や指等ご差し込める開口部19を形成する。そして、この開口部19の縁より連続する突出カバー20を設ける、という構成よりなる。
さらに、このぞうきんを製造するときに、表カバー18と突出カバー20とを一体物とし、その突出カバー20を開口部19の両端より内側に折り畳んだ状態にしてから外縁部分23を結合するという特徴を有している。
このような構成によれば、拭き布21が複数枚重ねてあるので、拭き布21が汚れたときに新しい拭き布21をすぐに表に出すことができる。また、裏返した拭き布21の面も拭き作業に使え、上下に重なり合う拭き布21を交互に使用することができ、最多四面が使えるのである。
【0005】

【効果】

【0013】
以上説明したように、本考案の請求項1に記載の清掃用具においては、使用者が手を入れて使用することができる挿通部を有し、この挿通部を用いることによってより容易に拭き掃除をすることができる。
本考案の請求項2に記載の清掃用具においては、請求項1に記載の発明と同様の効果を有すると同時に、清掃などが必要とされる対象の性質によって、天然繊維、化学繊維あるいは紙製として使い分けをすることができる。
本考案の請求項3に記載の清掃用具においては、この清掃用具の挿通部に手を挿入し易く、また、清掃用具を裏返して使用するときには、より容易に裏返すことができる。
本考案の請求項4に記載の清掃用具においては、用途や必要とされる強度に従って、接合の選択を可能とし、また、縫い閉じに代えて、清掃用具の側辺を接着あるいは圧着することで、例えば紙製の使い捨て清掃用具を製造する場合に、大量生産を可能とし製造コストを大幅に低減することが可能である。
最後に本考案の請求項5に記載の清掃用具においては、薬剤を含有させることにより、拭き取りの効果を増すことや、つや出しなどに効果的である。

(57)【要約】

【課題】1枚の布によるシンプルな構成でありながら、その裏表だけでなく裏返すことによって多面を使用することができ、さらに繊維や薬剤を組み合わせて使用することで、効果的な清掃を行うことを可能とする清掃用具を提供する。【解決手段】一枚の繊維性生地片よりなる清掃用具1であって、この繊維性生地片に少なくとも1の山折線3と、少なくとも1の谷折線4,5を設けて折りたたみ、繊維性生地片の左右の側辺を縫い閉じ8、使用者の手を挿通するための挿通部を少なくとも2箇所備えるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):