(54)【考案の名称】車椅子

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、車椅子に関し、特に電動補助機能を有する車椅子に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、一般的な車椅子としては、自ら腕で車輪を回転させたり、補助者が後から押したりすることによって走行する、自走式の車椅子がある。
この自走式車椅子は、構造が簡単であり安価に製造することができるので、広く普及している。また、軽量化や高耐久性を図るために、アルミ製やチタン製の自走式車椅子も存在する。
しかし、自走式車椅子は、ある程度の腕力がなければ走行がスムーズにできず、特に高齢者などは、腕力の衰えによって自走式車椅子をうまく操作できない場合が多いという問題がある。また、補助者の協力が常に得られるとは限らないことから、高齢者などが単独で自走式車椅子を用いて生活するには不便を強いられる可能性が高いといえる。
このような点を考慮して、近年では、電動モーターを動力源としてジョイスティックレバーで操作して走行する電動式車椅子が数多く提案されている(例えば、特許文献1参照。)。

【効果】

【0005】
以上説明したように、本考案に係る車椅子によれば、ペダルを手で回す力に対してモーターが補助する力を出力して駆動力を生じさせるので、非力な高齢者等でも容易に走行させることが可能となる。
また、ペダルを足ではなく手で漕ぐ点を除くと、高齢者の多くが慣れ親しんでいる自転車の操作と大きく異なることがないので、高齢者でも直ぐに操作を身に付けることができる。
さらに、従来の電動補助自転車の一部と従来の自転車の一部とを組み合わせた簡易な構造であり、安価な車椅子が実現可能である。

(57)【要約】

【課題】 高齢者でも直ぐに操作をマスターすることができる程に操作性に優れ、かつ、簡易な構造で安価な車椅子を提供する。【解決手段】 駆動ユニット、操舵ユニット及び座席ユニットから構成されており、駆動ユニットは、手動で回転させる手漕ぎペダル13と、手漕ぎペダル13に加えられた回転力を補助する力を発生させるモーター15と、手漕ぎペダル13に加えられた回転力とモーター15が発生させる補助力とを駆動力として伝達するチェーン16と、チェーン16が伝達する駆動力で駆動する右後輪10とを備え、操舵ユニットは、左後輪20と、操舵ハンドル31と、操舵輪となる左前輪30とを備え、座席ユニットは、駆動ユニットと操舵ユニットとの間に位置し、座席40を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):