(54)【考案の名称】移動式ハウス

(73)【実用新案権者】Catレンタル東日本株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、移動式ハウスに関するものであり、更に詳しくは、単棟のハウス全体がアームロール車に載置されて移動する移動式ハウスであって、運搬車両から降下させた後に組立や電気工事作業を行うことなく、即時ハウスとして使用可能な移動式ハウスに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、通称アームロールと呼ばれ、運搬車に属する脱着ボディシステム車がある。
アームロール車は、トラックの荷台を自力で脱着することが可能であり、コンテナと呼ばれるボディ部分がダンプ排出することもできるようになっている。
コンテナを荷台から降ろす際には、車両のアーム先端部に装備されているフック(ツメ)を、コンテナのフロントフックに引っかけて一端を持ち上げ、更に前記アームを押し出すことによって該コンテナを地面に降ろしている。コンテナ後部にはローラーが付けられており、降ろされる際に地面を引きずることはない。
利用例としては、粉粒体運搬用や、ゴミ処理のためのゴミ運搬用等が知られている。
【0003】
一方、軽量の鉄骨等で組まれた箱形構造の建物であって、トラックによる移動が容易に行えるものにユニットハウスがある。ユニットハウスは一定規格で量産された工業化製品であり、既に組みあがった箱状のハウスを4tトラック車等で運搬する。
該ユニットハウスを移動・設置するためには、例えば約3tの吊り上げ能力を有するクレーンを装備したトラックにユニットハウスを載せ、現場まで移送する。
トラックにユニットハウスを載せる際は、該ハウスの屋根に登ってワイヤーロープを4本程度架け、クレーンで吊り上げる。又、ユニットハウスを設置する際にも、クレーンで該ハウスを吊り降ろして所定位置に設置した後、更に該ハウスの屋根に登って運搬用のワイヤーロープを外す。
【0004】
又、小型のユニットハウスであってもブロック石を点置きする等の基礎が必要であり、該ブロック石を運搬するトラックが同行している。
【0005】
更に、ユニットハウスの用途に応じて、蛍光灯や換気扇、エアコン等の電気製品が具備されているものもある。

【効果】

【0014】
・請求項1に係る移動式ハウスは、アームロール車の規格フレームにハウスを固定して一体化することにより、ハウスの移送手段としてアームロール車の使用を可能とするものである。従って、ハウスの移動・設置が極めて容易である。
又、アームロール車の荷台からハウスを上げ降ろす際に、人力によることがないので、設置時における作業の安全性が確保できる。
更に、ハウスに固定されたフレームに発電機を具備し、また室内にコンセントを備えているので、ハウスを目的地にて設置後、使用者がハウスで使用する電気製品のための電気配線工事を行うことなしに即時使用可能である。
【0015】
・請求項2では、ハウスにエアコンを即時使用可能な状態で設置することができるので、季節・場所を問わず、快適にハウスを使用することが可能である。
又、エアコン用の発電機と室外機とをフレームに設置したことにより、両機の発する振動がハウス内に伝わるのを軽減することができる。
【0016】
・請求項3では、ハウス内で使用する家具を予め装備することができるので、家具を移送する別の手段を講じる必要がなくなり、好適である。
また、家具がハウス内に一体的に設置されているため、運搬・設置の際にアームロール車のツメでハウスの一端を持ち上げられても、該家具がハウス内で倒壊する虞がない。

(57)【要約】

【課題】移動式ハウスの移送・設置を迅速かつ安全に行えるようにするほか、電気配線工事を移送先で全く行うことなしに即時使用可能とする移動式ハウスを提供する。【解決手段】アームロール車の荷台に載置して移動させる移動式ハウスであって、該ハウスの底面に固定され、ハウス全体を載置するアームロール車用フレーム1と、少なくともフロアーパネル、サイドパネル及びルーフパネルを有するユニット式の単棟ハウスから成り、前記フレーム1は、ハウスを載置する長方形状の底面1aと、該底面の一短辺から垂設されたフロント面4とを具備する断面略L字形状に成形され、前記フレームのフロント面4は、アームロール車のアーム先端部に装備されるツメに掛合するフック5と、発電機6とが設置され、前記フレームの底面には、前記フック5の下方に位置する脚部2と、該脚部2と長手方向反対に位置するローラー3とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):