(54)【考案の名称】電卓型携帯式荷物識別ハンドスキャナ名称ベルリンNo.1

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図−1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は運送会社運転手、配送センター係員、海運業倉庫係員が、暗所で、荷物のあて先、価額等を識別する際、首にぶらさげて、使用する商品である。

【従来の技術】

【0002】
人間の目視により、暗所で、あて先確認をしていたり、バーコード有無を確認している。あるいはパソコン又は同類品に、パーコードNo読み取り器をコードもしくはワイヤレスで接続し、パソコンあるいは、同類品のディスプレー上で、識別していた、あるいは、ソフト内容により、バーコードNo読み取り器で、当該Noを打ち込んでいた。又、価格が1セットあたり、15万円〜20万円と高価であった。

【効果】

【0016】
本考案は、上述のとおり構成されているので、次に記載する効果を奏する。
【0017】
ソフトが簡易、低価格で組み込まれているので、商品価格が低価格である。
【0018】
携帯でき、首にかけられることから、広範囲に、運転手及び配送センター係員が持ち運び、使用できる。
【0019】
青、赤ランプ、及び同ブザーにより、運転手及び配送センター係員は、疲れず、正確に、荷物のあて先、価格、個数を知ることができる。
【0020】
2進方式オン・オフスイッチで、ソフトを操作でき、(使用に際し、複雑なソフトを勉強しなくても)誰でも、簡単に使える。

(57)【要約】

【課題】充電式電源部を有する携帯の、バーコードNo(読み取り)識別器であり、暗所でのピッキング作業が正確に、疲れなしで、できる効果を得る。【解決手段】伝票を持ち歩くことにより、ソフトを簡易化、低価格化した。ランプ及びブザーにより、あて先、価格等の識別が、確実にできる。又、ディスプレー上の累計と伝票の累計を比較して、定数管理ができる。そのような、電卓型、携帯式バーコードNo読み取り器である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):