(54)【考案の名称】光センサーカウンター付き運動器具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、運動器具に関し、特に、身体の往復運動回数をカウントできる光センサーカウンター付き運動器具に関する。

【従来の技術】

【0002】
フィットネス運動は現代人の生活において極めて重要なものとなっている。そして、よく知られている腕立て伏せは優れた鍛錬効果をもっている。図1を参照する。図1には従来の運動器具が開示されており、この運動器具は二つの本体1、2の上にそれぞれ取手部3、4を設ける。使用者はその取手部3、4を握り、足を地面に付け、腕力で上半身を上下させることで腕力を鍛えるのが従来の運動器具の特徴である。
【0003】
但し、従来の運動器具はカウンターを装備していないため、トレーニング回数や時間を上手くコントロールすることができず、運動障害を引き起こす可能性が高い。
【0004】
よって、従来の運動器具の前記問題点を改善し、より理想的で実用性を伴った新型構造を開発することは消費者が待望することであり、関連業者の目指すところでもある。

【効果】

【0007】
本考案は、身体の往復運動回数をカウントできる光センサーカウンター付き運動器具を提供する。

(57)【要約】

【課題】身体の往復運動回数をカウントできる光センサーカウンター付き運動器具を提供する。【解決手段】本考案の運動器具の左、右の本体における所定位置に光センサーカウンターを設置することにより、本考案の運動器具は、運動回数をカウントできる機能を有する。これにより、使用者は、本考案の運動器具を利用して運動を行う時に、運動回数を確実にカウントすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):