(54)【考案の名称】触覚および視覚による判読用文字印刷物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、視覚障害者にとっては目で見る代わりに指で触ることによって文字を判読することができ、また、健常者にとっては指で触ることのほか、目で見ることによっても文字を判読することができる判読用文字印刷物に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
視覚障害者に対する文字情報の伝達手段のうち、目で見る代わりに指で触ることによる方法として、従来より点字が広く用いられている。点字は、縦三点横二列の六点の凸状の点の組み合わせによる六四種の記号を基本として、文字を表すものである。しかし、視覚障害者の50%は中途失明者であるところ、通常の文字を目で見て判読していた経験のあるこれらの者にとっては、凸点の位置や数の組み合わせによる複雑な点字よりも、通常の文字を指で触ることにより判読する手段が望まれている。また、六点からなる点字には漢字がないため読解に時間がかかるところ、漢字を表す六点漢字や八つの点からなる点字が考案されたが、表記法が複雑であるため普及がすすんでいない。さらに、点字の表記法をマスターしても、表記法の方式が統一されていないために、異なる表記法で表された場合には、その点字を判読することができないという問題がある。
【0003】
そこで、通常の文字を指で触ることにより判読するための通常の文字を特定の厚みに厚盛印刷した印刷物が提案されている(特許文献1)。また、「盛り上がった線とその文字を構成する線の書き順情報を持たせた立体的な文字体系」により、視覚障害者と健常者が共用できるような情報伝達手段が提案されている(特許文献2)。
【0004】
一方、視覚障害者用の点字用の印刷物等の厚膜の印刷物の印刷方法として、あらかじめ製版を行うことなく印刷できるインクジェットプリンタによる厚膜の印刷物および印刷方法が提案されている(特許文献3)。
【0005】

【効果】

【0015】
本考案によれば、視覚障害者だけでなく健常者が判読できることはもちろん、視覚障害者が素早く正確に判読できるとともに、漢字やアルファベット、カタカナ、ハングル文字等のあらゆる言語の文字に適用するすることができ、また、道路案内図や公共案内版、商品の包装に付される内容表示や冊子の見出しだけでなく、冊子の本文としても適用可能であるため、障害者をもつ人々が、すべての人がもつ通常の生活を送ることができるようなノーマリゼーションを促すことができる。

(57)【要約】

【課題】 視覚障害者だけでなく健常者が判読できることはもちろん、視覚障害者が素早く正確に判読できるとともに、漢字やアルファベット、カタカナ、ハングル文字等のあらゆる言語の文字に適用するすることができ、また、道路案内図や公共案内版、商品の包装に付される内容表示や冊子の見出しだけでなく、冊子の本文としても適用可能な触覚または視覚による判読用文字印刷物を提供する。【解決手段】 文字を構成する画線上に所定の細さの線幅かつ所定の高さに盛り上げて形成された凸状細線2と、直線ないし曲線の端点6、角点7、曲極点8、変曲点9および交差点10からなる要点を前記凸状細線2の線幅よりも大きな直径によって所定の高さの点状に盛り上げて形成された凸状要点3とを有している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):