(54)【考案の名称】携帯電話機用クリーナー及びその掃除具並びに携帯電話機用クリーナーの掃除具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話機の液晶画面等の汚れを拭き取ることができる携帯電話機用クリーナー及びその掃除具並びに携帯電話機用クリーナーの掃除具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話機の液晶画面等は、手指や耳等の皮膚に触れるため、皮脂や化粧品等により汚れやすく、特に液晶画面が汚れるとメール等の文字が見え難くなる。したがって、簡易かつ迅速に液晶画面等の汚れを拭き取る必要がある。このような機能を有する携帯電話機用クリーナーとして、マスコットに吊下紐を取り付けるとともに、そのマスコットの裏面に汚れ取り用生地を備えてなるもの(例えば、特許文献1参照。)、携帯電話機のストラップに取り付けるマスコット人形の底面や側面の一部に、油成分を拭き取ることができる布を貼り付けてなるもの(例えば、特許文献2参照。)等がある。ここで、前記汚れ取り用生地及び油成分を拭き取ることができる布としては、メガネ拭き等に広く使用されている、超極細繊維を用いてなる油膜の拭き取りに適したワイピングクロスが使用される。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案に係る携帯電話機用クリーナー及びその掃除具によれば、起毛素材からなるクリーナー面が設けられた携帯電話機用クリーナーと、前記クリーナー面の汚れを掻き出す掻出部が設けられた掃除具とを備えてなるので、前記クリーナー面を構成する起毛素材の起毛部分により携帯電話機の液晶画面等の汚れを効果的に除去することができる。また、前記掃除具の掻出部により、前記クリーナー面に付着した汚れを容易かつ確実に掻き出すことができるため、前記携帯電話機用クリーナーのクリーニング機能を簡易かつ迅速に回復させることができる。さらに、前記携帯電話機用クリーナー及びその掃除具を一対として携帯電話機に取り付けておくことにより、これらが前記携帯電話機から分離して紛失し難く、それらを使用したい時に、容易かつ確実に使用することができる。
【0011】
また、前記携帯電話機用クリーナーを第1のマスコットとするとともに前記掃除具を第2のマスコットとし、前記第1のマスコットの形態と前記第2のマスコットの形態とに関連性を持たせてなると、前記効果に加えて、前記携帯電話機用クリーナー及びその掃除具を携帯電話機に取り付けた状態において、これらのマスコットが携帯電話機の使用者やこれらのマスコットを目にする他人に対して興味を引くものとなるため、前記携帯電話機用クリーナー及びその掃除具の商品価値を高めることができる。
【0012】
さらに、前記掃除具により前記携帯電話機用クリーナーのクリーナー面を掃除する行為と前記第1のマスコット及び第2のマスコットから観念される行為との間に関連性を持たせてなると、前記効果に加えて、前記掃除具により前記クリーナー面を掃除する行為が、携帯電話機の使用者や前記マスコットを目にする他人に対して興味を引くものとなるため、前記携帯電話機用クリーナー及びその掃除具の商品価値をさらに高めることができる。
【0013】
さらにまた、本考案に係る携帯電話機用クリーナーの掃除具は、前記課題解決のために、起毛素材からなるクリーナー面が設けられた携帯電話機用クリーナーの掃除具であって、前記クリーナー面の汚れを掻き出す掻出部を備えてなるので、該掻出部により、前記携帯電話機用クリーナーのクリーナー面に付着した汚れを容易かつ確実に掻き出すことができるため、前記携帯電話機用クリーナーのクリーニング機能を簡易かつ迅速に回復させることができる。

(57)【要約】

【課題】携帯電話機用クリーナーが汚れてクリーニング機能が低下した場合においても簡易かつ迅速にクリーニング機能を回復させることができ、液晶画面等の汚れを迅速に除去することができる携帯電話機用クリーナー及びその掃除具を得る。【解決手段】起毛素材からなるクリーナー面4が設けられた携帯電話機用クリーナー1と、クリーナー面4の汚れを掻き出す掻出部が設けられた掃除具2とを備えたので、前記起毛素材の起毛部分により携帯電話機の液晶画面等の汚れを効果的に除去することができる。また、掃除具2の前記掻出部により、クリーナー面4に付着した汚れを容易かつ確実に掻き出すことができるため、携帯電話機用クリーナー1のクリーニング機能を簡易かつ迅速に回復させることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):