(54)【考案の名称】プラグ側嵌合部材

(73)【実用新案権者】株式会社畑屋製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、防水仕様のコンセントの差込穴にプラグの端子が差し込まれた状態でコンセントの受口と嵌合して防水性能を発揮するように構成されたプラグ側嵌合部材に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、例えば、建物に設置された電源コンセントから離れた場所で電気機器を使用する場合に、一端にプラグが設けられ他端にコンセントが設けられた延長用の電気コードを備えたコードリールが用いられる。具体的には、コードリールのプラグを建物に設置された電源コンセントに接続し、電気機器のプラグをコードリールのコンセントに接続することにより、建物に設置された電源コンセントから離れた場所で電気機器が使用可能となる。
【0003】
ここで、コードリールのコンセントには、雨天時でも屋外で使用できる防水仕様のものと防水仕様でないもの(屋内仕様のもの)とがある。防水仕様のコンセントは、プラグの端子を差し込むための差込穴を囲繞する内周面が形成された合成樹脂製又はゴム製の受口を備えている。これに対し、屋内仕様のコンセントは、こうした受け口を備えていない。
【0004】
また、同様に、電気機器のプラグにも、防水仕様のものと防水仕様でないもの(屋内仕様のもの)とがある。防水仕様のプラグは、2本の端子が一体成型された樹脂製の本体が前面から見て円形状に形成されており、本体の外周面における先端部には、全周に渡って断面半円形状に突出した環状の嵌合凸部が形成されている。このため、プラグの端子がコンセントの差込穴に差し込まれた状態において、プラグの嵌合凸部がコンセントの受口に嵌合し、嵌合凸部の外周面が受口の内周面に全周にわたって密着する。これにより、外部から水が掛かったとしても、その水がプラグとコンセントとの電気的な接続部分まで浸入することが防止される。これに対し、屋内仕様のプラグは、本体が前面から見て端子の並び方向に長い長方形状に形成されており、防水仕様のコンセントに接続しても防水効果は得られない。
【0005】
一方、屋内仕様のプラグに着脱可能に構成され、屋内仕様のプラグを防水仕様のプラグとして使用可能とするプラグ用防水カバーも提案されている(特許文献1参照)。このプラグ用防水カバーは、屋内仕様のプラグを収容する略円筒状の収容部と、収容部と一体的に形成され、収容部に収容された状態の屋内仕様のプラグの基端部外周面又はそのプラグが一端に設けられた電気コードの外周面に全周にわたって密着するくびれ部とを有する。そして、防水仕様のプラグと同様の嵌合凸部が収容部の外周面に形成されている。このため、屋内仕様のプラグにプラグ用防水カバーを装着することにより、防水仕様のプラグとして使用することができる。

(57)【要約】

【課題】防水仕様のコンセントを用いた場合における防水性能の向上を図る。【解決手段】プラグ用防水カバー10は、プラグの端子を差し込むための差込穴41,41を囲繞する内周面に少なくとも先端部へ向かって内径が小さくなる絞り部43が形成された受口42を有する防水仕様のコンセント40を対象として用いられるものであり、コンセント40の差込穴41,41にプラグの端子が差し込まれた状態で受口42と嵌合可能に構成されている。そして、このプラグ用防水カバー10は、環状の嵌合凸部22と、嵌合凸部22よりも外径が小さくかつ嵌合凸部22よりも先端方向へ突出して形成され、当該プラグ用防水カバー10が受口42と嵌合している状態で嵌合凸部22を絞り部43に当接させる突出部23とを備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):