(54)【考案の名称】メッセージカード

(73)【実用新案権者】株式会社山櫻

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、メッセージカードに係り、特に添付物を一体に保持させることができるメッセージカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、相手にメッセージを伝えるためにメッセージカードが使用されている。例えば、カードにメッセージを記して贈答品に添えたり、そのまま郵送することもある。また、営業上のメッセージを記したカードを客先に渡したり、葬儀の際には参列者に会葬の礼を記したカードを礼状として手渡すこともある。

【効果】

【0007】
以上説明したように、この考案に係るメッセージカードによれば、添付物を補助片の切り込みに挿入することにより、添付物をカードと一体に保持させることができる。
また、補助片がミシン目によりカード本体から切り離し自在になっているので、添付物を用いない場合には補助片をカード本体から切り離してカード本体のみを使用することもできる。

(57)【要約】

【課題】添付物をカードと一体に保持させることができるメッセージカードを提供することを課題とする。【解決手段】メッセージカードは、カード本体1と補助片2から構成され、補助片2はカード本体1の一側縁部にミシン目3を介して連結されている。カード本体1は、互いに同じ大きさのカード部分4および5に分割されるように二つ折りされ、カード部分5の一側縁部にミシン目3を介して補助片2が連結され、補助片2はミシン目3でカード部分5の表面上に折り込まれ、カード部分4をカード部分5の上に重ねるように折り畳んだときに、補助片2がカード部分4および5の間に挟まれる。補助片2の切り込み6に添付物が挿入保持される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):