(54)【考案の名称】携帯電話機用ゲルシート

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】有限会社エンジェルクーパー

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話機に貼付するための透明ゲルシートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話機は、携帯性に優れ使用可能な範囲が広範囲であり、また、本来の音声電話機能だけでなく、メールやインターネット機能、ゲーム機能、テレビ番組視聴機能、画像撮影機能などを備え、多様な機能を有する携帯端末として幅広く普及している。
【0003】
このような携帯電話機では、その携帯性から携帯電話機の小型化が要求されることもあり、かな文字、カタカナ文字、英字、数字、記号等各種の文字すべてに対してそれぞれ専用のキーを設けることは不可能であるため、一つのキーにより、各種の複数の文字の入力を兼用できるようになっている。

【効果】

【0008】
本考案の携帯電話機用ゲルシートは、携帯電話機の操作部の表面に粘着されるシートであり、片面に粘着面を有する透明ゲルからなるので、携帯電話機の操作ボタンを押す音を低減し、かつボタンの操作を滑らかにするとともに、操作の感触をよくすることが可能である。
【0009】
特に、本考案の携帯電話機用ゲルシートはその厚みが、0.5mmから2mmであるので、操作部のボタンを押した感触がよく、音も殆ど聞こえず静かなキー操作を行うことができる。
【0010】
また、操作部のボタンが表面に露出する構造の携帯電話機では、カバン等に入れて持ち運ぶ際に、傷がついたり汚れたりすることがあるが、本考案の携帯電話機用ゲルシートはゲル特有の弾力性によりショック吸収材ともなり、様々な衝撃や変形から操作ボタンを保護することが可能となるうえ、汚れを防止することができる。
【0011】
加えて、本考案の携帯電話機用ゲルシートは約1mm前後と薄いため、ナンバーキーや各種入力キー等の操作ボタンが配列された操作部と、液晶画面が設けられた表示部とが、接続部を介して折りたたみ可能となった、いわゆる折りたたみ式の携帯電話機にあっても、その折りたたみ機能に影響を与えることなく、使用可能である。

(57)【要約】

【課題】携帯電話機の操作ボタンを押す音を低減し、かつボタンの操作を滑らかにし、操作の感触をよくする。【解決手段】表面にナンバーキー2や各種入力キー3の操作ボタンが配列される操作部4と、液晶表示画面が設けられる表示部5とを有する携帯電話機10の、操作部4の表面に、片面に粘着面を有する透明ゲルシートであって、シートの厚みが0.5mm以上2mm以下のゲルシートを貼り付ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):