(54)【考案の名称】大判名刺兼組み立て式立体名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本件の考案はより印象深い名刺を作成することを目的としたものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の一般的な名刺は一枚の用紙の片面もしくは両面に社名・個人名・住所等を印刷し、単に自分の身分を相手先に紹介することを目的としたものでありました。

【効果】

【0005】
最初に表面の大判名刺を渡すことにより、先方に強い興味及び強い印象を与えることができる。
続いて裏面の背景付きボックスを組み立てることにより卓上型の立体名刺となり、常時先方にアピールすることができる。
さらに抜きだした一般的なサイズの名刺も先方の手元にのこり、他の名刺と一緒に管理できることにより通常の何倍もの効果をもたらすものである。

(57)【要約】

【課題】名刺を単なる身分を示すだけの道具として使用するものではなく、より興味を持たせ、より強い印象を与えることを目的とした名刺を作成する。【解決手段】平板の片面の中央部分に社名・個人名・住所等を大きく印刷し、尚且つ余白部分に会社案内及び営業品目等の情報を印刷し大判名刺として使用する。他の片面には切り取り線、折り線、抜き穴加工を施し、加えてボックスの正面となる部分に社名・個人名・住所等を印刷し立体名刺として使用する組み立て式背景つきボックス及び従来の名刺と一緒に管理できる一般的なサイズの名刺を印刷する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):