(54)【考案の名称】ラベルシート

(73)【実用新案権者】小林記録紙株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に駐車違反表示ラベルとして好適なラベル帳票に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、例えば駐車違反表示ラベルのように、ハンディターミナルタイプのプリンタで印刷や印字(以下「印刷等」ともいう。)ができ、しかも印刷等をした後にそれを貼り付けることのできる帳票が求められている。このような帳票の一例として、本出願人が考案したラベル帳票が周知である(下記の特許文献1参照)。
【0003】
このラベル帳票は、台紙の表面に印刷部を備えるとともに、台紙の裏面に粘着剤が部分的に塗布され、その粘着剤の上に剥離紙が貼り合わされてロール状に巻回されたものである。また、剥離紙はその先端部が強粘着される一方、後端部が弱粘着されており、両者の間で折り返し可能に構成されている。そして使用時には、剥離紙の後端部のみを剥がして外側へと折り返し、露出した弱粘着部を被着体に貼り付けることによって、剥離紙がゴミにならないようにしている。
【0004】

【効果】

【0010】
上記の構成から明らかなように、本考案のラベル帳票によれば、被着体に対してラベル本体と剥離紙を並べて貼り付けることができるので、ラベル本体に印刷等がされた情報のみならず、剥離紙に印刷等がされた情報も同時に表示され、表示する情報量を多くすることができるという効果がある。また、剥離紙はその片側一辺が粘着剤層によって被着体に固定されるので、剥離紙がカールしたり折れ曲がったりすることがなく、剥離紙に表示された情報を確実に読み取ることができる。なお、第1の粘着領域と第2の粘着領域との境界に間隙部が設けられていると、被着体への糊残りを防止できるという利点もある。

(57)【要約】

【課題】被着体に対してラベル本体と剥離紙を並べて貼り付けるとともに、剥離紙を確実に固定すること。【解決手段】ラベル本体2と剥離紙3を接着領域4、第1の粘着領域5、第2の粘着領域6の3つの領域に区画し、接着領域4ではラベル本体2と剥離紙3を接着剤層41で完全接着し、第1の粘着領域5ではラベル本体裏面の粘着剤層51と剥離紙表面の剥離剤層52とにより剥離可能に接着し、第2の粘着領域6では逆に剥離紙表面の粘着剤層61とラベル基材裏面の剥離剤層62とにより剥離可能に接着するとともに、剥離紙3を接着領域4と第1の粘着領域5との境界で折り返し可能に構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):