(54)【考案の名称】パテベラ

(73)【実用新案権者】三陽金属株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、壁装等でのパテ塗布作業に使用するパテベラに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、壁装等の内装施工の際に、壁紙の下地調整として下地を平坦化すべく、作業者がパテベラを用いて下地にパテを撫でつけることで段差溝や目地等を埋めて、均一な平滑面を形成している。この種のパテベラは、略台形のステンレス板からなるブレードの後部に木製のハンドルが固定されているものが一般的である(例えば、特許文献1等参照)。
【0003】
図7に示すように、従来のパテベラ1は、ユーザが把持するためのハンドル3を備え、そのハンドル3の前端の挟持部3aに形成されたスリット3bにブレード2の後部が挿入されている。このブレード2の後部には貫通孔2aが形成されており、ハンドル3の挟持部3aにもその貫通孔2aに対応する位置に貫通孔3cが形成されている。そして、互いに連通した貫通孔2a,3cの両側開口から鋲受け部材4及び鋲部材5が挿入されて互いにカシメ固定されることで、ブレード2の抜け止めが図られている。
【0004】
具体的には、鋲受け部材4は、ハンドル3の挟持部3aの下面に当接する頭部4aと、頭部4aより上方に突出して先端に圧接穴4cを有する受け部4bとを備えている。一方、鋲部材5は、ハンドル3の挟持部3aの上面に当接する頭部5aと、頭部5aより下方に突出する軸部5bとを備えている。そして、貫通孔2a,3cに対して、図中下側より鋲受け部材4の受け部4bが挿入され、かつ図中上側より鋲部材5の軸部5bが挿入された状態で、ハンマー等で頭部4a,5aが打撃されることで、鋲部材5の軸部5bが鋲受け部材4の受け部4bの圧接穴4cに圧接挿入されて互いにカシメ固定される。

【効果】

【0012】
以上の説明から明らかなように、本考案によれば、ハンドルの厚さ寸法に加工誤差が生じても、雄ねじ部材をネジ回して進退調節することでハンドルの挟持部を両側から確実に締付けることができ、製造バラツキが低減されて外観及びメンテナンス性が向上する。

(57)【要約】

【課題】パテベラの製造バラツキを低減して外観及びメンテナンス性を向上する。【解決手段】ブレード11の後部11aがハンドル12の前端の挟持部12bで挟持されたパテベラ10であって、ブレード11の後部11aと挟持部12aとに互いに連通する貫通孔11b,12dが形成されており、ネジ面15aを内周に有する円筒状の雌ねじカラー15が各貫通孔11b,12dに挿入され、雌ねじカラー15に一対の雄ねじ部材13,14が両側より対向して羅着されることで、各雄ねじ部材13,14により挟持片12bが両側から締付けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):