(54)【考案の名称】秘匿性を有した情報所持体

(73)【実用新案権者】株式会社第一印刷所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、郵便葉書やチラシなどに利用できる秘匿性を有した情報所持体に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種のものとして葉書紙片と葉書紙片より小さい隠蔽紙片が折目線を介して折り曲げ可能に連接され、葉書紙片の内面の折目線寄りの領域に所定事項を記入する記入欄が設けられており、隠蔽紙片の内面には、剥離可能に接着される弱粘着剤層が形成され、折目線と対向する端縁に沿って所定巾を有する帯状に剥離不能に接着される接着剤層が形成され、弱粘着剤層と接着剤層を覆って離型紙が貼着され、葉書紙片の内面に設けられている記入欄に所定の個人情報を記入して、接着剤層及び弱粘着剤層を覆っている離型紙を剥がし、折目線にて隠蔽用紙を折り曲げて葉書紙片内面に圧着することにより、隠蔽用紙が葉書紙片と部分的に剥離不能に接着して記入欄に記入された個人情報を隠蔽することができる隠蔽葉書が知られている(例えば、特許文献1)。
【0003】
また、糊殺し部を設けた隠蔽ラベル付きハガキとして、粘着剤層下面に貼付される剥離紙には、その剥離剤表面の数箇所にニスまたは印刷インキをベタ印刷または網点印刷する糊殺し加工が施された糊殺し部が設けられ、使用時に剥離紙を隠蔽ラベル’から剥がすと、糊殺し部が粘着剤層裏面に接着された状態で、剥離紙が隠蔽ラベルから剥離されるものも知られている(例えば、特許文献2)。

【効果】

【0020】
請求項1の考案によれば、糊を塗布しても糊殺し層の箇所の接着力は弱められて、糊殺し層に塗布した糊層は秘匿欄印刷部側に移ってしまい、この結果隠蔽紙片を開封したときに秘匿欄印刷部が糊の接着力によって剥がれることはなく秘匿欄印刷部及び該箇所に記載された内容を確保することができる。
【0021】
請求項2の考案によれば、境界線を介して予め一体化されていた隠蔽紙片を折り曲げたり又は切り離して秘匿欄印刷部に糊付けすることができる。
【0022】
請求項3の考案によれば、ニス層によって確実に糊の接着力を弱めて糊殺し作用を与えることができる。
【0023】
請求項4の考案によれば、インキ層によって確実に糊の接着力を弱めて糊殺し作用を与えることができると共に、大量生産することができる。
【0024】
請求項5の考案によれば、隠蔽紙片を紙片本体に確実に一体化しておくことができる。
【0025】
請求項6の考案によれば、紙片本体の第1の縁側、隠蔽紙片の第2の縁側を有効利用することができる。
【0026】
請求項7の考案によれば、秘匿欄印刷部には糊殺し層が配置され、秘匿欄印刷部が糊によって剥がれることを防止することができる。
【0027】
請求項8の考案によれば、隠蔽紙片を剥がすときに切断用案内表示部に沿って切断すれば秘匿欄印刷部を誤って切断せず、安心して切断できる。
【0028】
請求項9の考案によれば、切断用案内表示部の箇所は、貼り付け力が弱まっているので、秘匿欄印刷部を糊により剥がすことはない。
【0029】
請求項10の考案によれば、ニス層の厚みを色の濃淡で把握でき、糊殺し作用の強弱を確実に把握することができる。
【0030】
請求項11の考案によれば、糊殺し層の他にニス下地層によっても糊殺し作用を高めることができる。また、ニス下地層は有色であるので、秘匿欄印刷部を有色で覆うので秘匿性をいっそう高めることができる。
【0031】
請求項12の考案によれば、郵便葉書において確実に隠蔽紙片が運送途中で容易に剥がれるようなことはない。
【0032】
請求項13の考案によれば、チラシなどに広範囲に利用することができる。

(57)【要約】

【課題】葉書などにおいて離型紙を必要とせずに秘匿性を確保する。【解決手段】正面1Aに所定事項を記入する秘匿欄印刷部4を形成した紙片本体1と、紙片本体1における秘匿欄印刷部4の周囲外側に被糊付け部6を設けると共に、隠蔽紙片2には秘匿欄印刷部4に対向する部位に糊殺し加工が施された糊殺し層9を形成する。被糊付け部6に対向して糊付け部8を形成する。隠蔽紙片2の糊付け部8を含む全面に糊を塗布して秘匿欄印刷部4や被糊付け部6に貼り付けすることで、隠蔽紙片2を秘匿欄印刷部4に貼り付け覆って秘匿性を保持できる。その後、切断用案内表示部10に沿って切り込みを形成し、そして隠蔽紙片2を剥がすことにより秘匿欄印刷部4及びそこに記載された内容を読み取ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):