(54)【考案の名称】太陽電池モジュール

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】京セラケミカル株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽電池モジュールに係り、特に複数の太陽電池素子が配線により電気的に接続されてなる太陽電池モジュールに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、太陽電池モジュールは以下のようにして製造されている。すなわち、シリコン基板(p型)にn型拡散層を形成してpn接合を形成する。このpn接合を形成したシリコン基板の裏面側にアルミニウムペーストを印刷、乾燥してアルミニウムペースト層を形成した後、このアルミニウムペースト層上に銀ペーストを印刷、乾燥して銀ペースト層を形成する。一方、シリコン基板の受光面側(表面側)には銀ペーストを印刷、乾燥して銀ペースト層を形成する。
【0003】
そして、表裏面に各ペースト層を形成したシリコン基板を、近赤外炉を用い、乾燥空気中で700℃〜750℃、数十秒〜数分間の加熱を行い、全ペースト層を一括して焼成する。この焼成により、シリコン基板の裏面側に形成されているアルミニウムペースト層と銀ペースト層とが電気的に接続されると共に、シリコン基板の裏面側にアルミニウムペースト層のアルミニウムが拡散することにより裏面電界層(BSF:Back Surface Field)が形成される。ここで、アルミニウムペースト層上の銀ペースト層は後述する銅線等をハンダにより接続するために用いられるものである。
【0004】
このようにして表裏面に銀電極を形成したシリコン基板(太陽電池素子)は、その表面側の銀電極、具体的にはバスバー電極に銅線等をハンダにより接続する。また、この銅線の他方の端部は隣接する他の太陽電池素子の裏面側の銀電極にハンダにより接続する。このような接続を順次繰り返すことにより、複数の太陽電池素子が電気的に接続される。そして、電気的に接続された複数の太陽電池素子は、エチレン・ビニル・アセテートなどの樹脂によって封止されるように光透性基板と裏面シート(不図示)とによって挟持し、さらにその周囲をモジュール枠によって固定することにより太陽電池モジュールとする(例えば、特許文献1、2参照)。

【効果】

【0012】
本考案によれば、内部にpn接合を有するシリコン基板の表面電極または裏面電極に接着剤を用いて配線を固定することで、ハンダ接続法を使用しないものとして、従来はハンダ接続法による接合のために必要とされていた銀電極を廃止することができ、容易かつ低コストに製造でき、また薄型なものとすることもできる。

(57)【要約】

【課題】容易に製造することができ、薄型化も可能な太陽電池モジュールを提供すること。【解決手段】内部にpn接合を有するシリコン基板と、前記シリコン基板の受光面に形成された表面電極と、前記シリコン基板の裏面に形成された裏面電極と、前記表面電極または前記裏面電極に固定されると共に電気的に接続された配線と、を有する太陽電池モジュールであって、前記配線が接着剤により前記表面電極または前記裏面電極に固定されているもの。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):