(54)【考案の名称】装丁カバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/02 ・特殊物質製

(73)【実用新案権者】有限会社五英

(73)【実用新案権者】白金化成株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手帳、書籍、ノート、ホルダ等の冊子の装丁カバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の装丁カバーとして合成樹脂シートからなるものが知られている。装丁カバーは、外側に露出する外表面と、内側で冊子を保持する内側部とを備えており、内側部には冊子を保持するためのポケット部などが設けられている。
【0003】
そして、外表面は通常1つの合成樹脂シートから構成され、この合成樹脂シートと、内側部でポケット部を構成する別の合成樹脂シートとが、重ね合わされている。この重ね合わせは、外表面を構成する1つの合成樹脂シートと、ポケット部を構成する別の合成樹脂シートとのそれぞれの原シートを重ね合わせ、装丁カバー輪郭に沿って高周波ウエルダによって高周波溶着して一体化すると共に、溶着した部分の外側を装丁カバー輪郭に沿って切り落として製造している。

【効果】

【0011】
本考案によれば、外側に露出する部分が複数の合成樹脂シートから構成されているために、その組み合わせによって意匠性に富んだものとすることができ、且つ、該複数の合成樹脂シートの端部が互いに突き合わせられて接合されているために、接合部分がほぼ平坦で目立たず見栄えが良いものとすることができる。
【0012】
請求項2記載の考案によれば、複数の合成樹脂シートの様々な組み合わせにより意匠性をより向上させることができる。印刷では不可能な異なる種類の組み合わせを実現することができる。
【0013】
請求項3記載の考案によれば、接合部分とそれ以外の部分との肉厚差が小さいために、複数の合成樹脂シートを一体化することができて、見栄えが良いものとすることができる。
【0014】
請求項4記載の考案によれば、表示部の部分とその周囲の部分とが異なる種類の合成樹脂シートで構成されるために、変化に富んだものとすることができる。
【0015】
請求項5記載の考案によれば、外表面が縦方向及び/または横方向に分割されて異なる種類の合成樹脂シートで構成されるために、変化に富んだものとすることができる。

(57)【要約】

【課題】外部に露出する外表面を意匠性の富んだものとすることができる装丁カバーを提供する。【解決手段】外側に露出する外表面12が異なる複数の種類の合成樹脂シート12A,12Bから構成され、該異なる種類の合成樹脂シート12A,12Bの端部が互いに突き合わせられて高周波溶着により接合される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):