(54)【考案の名称】紙製の手提げ袋

(73)【実用新案権者】株式会社タナカ産業

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、紙製手提げ袋の改良に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、外出先で気に入った商品を見つけそれを購入して自宅などに持ち帰る場合に、多く使用する簡便な物入れ容器として紙製の手提げ袋が広く使用されている。この手提げ袋は、使用しないときには狭い場所に収納しておくのに便利なように薄い紙部材1を用いてそれぞれ折目を介して函型に形成した正面部2、裏面部3、両側面部4、底面部5を有して折り畳めるように形成した袋本体6の上部に設けた開口部7の両側部分である正面部及び裏面部の上部に、手提げ紐8、8を取付けて持ち運びに便利なよう形成してある。
【0003】
この手提げ紐8、8の両端を袋本体6の上部に位置する開口部7の両側に取付けるには、その取付部分の強度を高めるため、図6に示すように、該袋本体6の上部周縁部に存する折返片9を開口部の内面に折り返して二重に形成したり、または、この折返片の内部に細長い補強板10、10を配して三重に形成したりしている。そして、袋本体の開口部両側の正面部2及び裏面部3の上部に形成した挿通穴11、11に手提げ紐8、8の端部を外側から挿入し、開口部7の内側に位置させた端部に結び目12、12を設けて掛止している(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
この手提げ紐8、8の端部に設けた結び目12、12は、袋本体6の開口部両側に形成した挿通穴11、11に挿通させた後、手作業により結び目を作る作業を必要とし、機械化は困難であった。そして、この袋本体6の開口部7の内面に位置した結び目12、12が、挿通穴から抜けないように大きく形成してあるため、袋本体内部への商品の出し入れに際して該結び目が邪魔になるという欠点を有していた。
【0005】
手提げ袋の製造を機械化する一例として、図5に示した既存の提げ手部15を使用している。この提げ手部15は、編み紐など柔軟な紐材を逆U字状に湾曲させた提げ紐16の両端を細巾で横長に形成した厚紙などの補強板17に接着剤やホッチキスなどの針金を用いて固着している。この提げ手部の補強板17を、例えば、図7に示した袋本体6の上部周縁部に折曲線19を介して折返片9aを設け、該折曲線19のやや下方(紙本体を展開した状態では上方)に位置する袋本体6の内面(まだ折返片を折り返さない状態)に、提げ手部15の補強板17を機械的又は手作業により接着固定している。さらに、折返片9aを同じく機械的又は手作業によって該折曲線から開口部7の内方に折返して接着固定している。
【0006】
前記手提げ袋の正面部及び裏面部の上方に位置する折返片9aの中間部にそれぞれ対をなして設けた略J型切込20、20の上辺部から提げ紐16を外方に引き出し、即ち、折返片9aの内部から開口部内に引き出し、該略J型切込20、20は該折返片の下方端部まで連通して設け、該略J型切込20,20を袋本体の開口部内面に接着固定するものであり、挿通穴などは設けていない(例えば、特許文献2参照)。
【0007】
しかし、袋本体の折曲線19と提げ手部15の補強板17の上部との間に、狭い間隔Lが存してしまうことがあり、紙材1が切れやすいという欠点があった。しかも、補強板17は袋本体6と折返片9aとで両面から接着固定しているが、折曲線19の部分と補強板17の上部とが離れているため、折返片9a、9aの折曲線19部分は提げ手部の取り付け強度を高めるのに有効に利用されていなかった。しかも、この開口部の内面の折返片には略J型の曲線模様が生じてしまい。即ち上下方向の直線のみではなく横方向の線部分を含む特殊な模様になって目立ってしまい、高級感が得にくいという欠点を有していた。
【0008】
さらに、図5に示す提げ手部15を使用した他に実施例について、図8に基づいて説明すると、袋本体6の上部周縁部に設けた折返片9bを袋本体の開口部の内側に折り返すための折曲線19aの部分に、提げ紐間の間隔長Mをした切込溝21を設け、さらに、この折返片9bの内部に配した補強板17を袋本体6の内面と折返片9bの内面との間に接着し、該補強板17に両端を取付けた逆U字状の提げ紐16を該切込溝21から外方、即ち、折曲線19aの外部に引き出して形成してある。そこの提げ紐16を外部に引き出した後、該切込溝21を接着剤で密着して切込を閉じる作業が必要である(例えば。特許文献3参照)。
【0009】
しかし、逆U字状の両提げ紐16の間隔長M内の両側に位置する提げ紐16以外の前記折曲線19a上に存する切込溝21は切り開かれているので、接着剤を用いて互いに密着して閉鎖しているが、閉じられた切込溝21は直線模様または直線跡として跡が残ってしまう。この折曲線19は、前記開口部の上端に位置して最も目立つ場所であるため、袋本体の美感を劣化させてしまい高級感が得られないという問題点を有していた。

【効果】

【0014】
本考案は、袋本体の開口部上端に設けた折曲線の部分から提げ紐を引き出すように構成したため、この提げ紐を挿通させる挿通穴を開口部の両側に設ける必要がなく、また、提げ紐を通す切込は、簡単な形状で直線の組み合わせからなるT字型をした切込であるので、縦切込内を提げ紐が通って移動するのが容易であり、さらに該切込は直線状であるから接着して単なる直線模様となり、高級感を劣化させることがない利点がある。

(57)【要約】

【課題】 袋本体の上部周縁部分の折返片にT字型切込を設けて提げ紐を挿通できように掛止し、提げ手部を装着して提げ紐の取付け作業を簡略化する。【解決手段】 逆U字状に折り曲げた提げ紐16の両端を補強板17に取り付けた提げ手部15と、上部を開口した袋本体6の上部周縁部に設けた折曲線19の上部に折返片9を有する方形状の袋本体6の両側上部に位置して設けた折返片9及び折曲線19上にT型切込23をそれぞれ形成した袋本体6とからなり、該袋本体6)の上部内面に提げ手部の補強板17を配して前記逆U字状をした提げ紐16を前記T型切込23内にそれぞれ掛止し、該折返片を折り返して開口部7の内面に接着固定し、前記T型切込の横切込23aから提げ紐16を引き出してなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):