(54)【考案の名称】携帯型通信器の着信確認装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、携帯電話等の着信を確実に知ることのできる装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話やPHSのような携帯型通信器には、いわゆるマナーモードとして、振動によって着信を知らせる機能(バイブ機能)が備えられるのが一般的である。
【0003】
しかし、携帯型通信器を鞄等に入れていると(特に女性が多い)、着信音はもちろんマナーモード時の振動にも気づかないことも多く、特に携帯型オーディオ装置(音楽記録媒体再生装置やラジオ等)をヘッドホン等で聞いていたりすると、まったく気づかないことになる。
【0004】
このような問題に対しては、従来より種々の技術が提案されている。その一が特開2002−16670号(特許文献1)であるが、これは、携帯型通信器に取り付けられる、着信時に微弱電波を発信させる器具と、その微弱電波を受信して着信を報知する小型の子器とからなる装置であり、その子器を常に身につけるようにすることで、携帯型通信器が鞄等に入っていても、その着信を子器から気づくことになるというものである。
【0005】
その二は、実用新案登録3070878号(特許文献2)であり、これは携帯型通信器と携帯型オーディオ装置の両方が有線で接続される装置であって、両装置から音信号を入力自在とする一方で、携帯型通信器から着信入力があった場合は、その着信音を優先させて出力させる機能を備えた切替装置というものであり、携帯型オーディオ装置の利用者は、その切替装置にイヤホンを接続していれば、着信がない限り携帯型オーディオ装置の音楽等を聴くことできる一方、着信があった場合は、着信音が優先して聞こえてくるので、音楽等を聴いていても着信が間違いなく確認できるというものである。特に、この技術は、携帯型オーディオ装置を利用するのが一般的となっている近時の傾向にマッチングした技術となっており、利用度の高いものとなっている。

【効果】

【0013】
以上のように、この考案によれば、携帯型通信器に着信があった場合、発信器からの報知信号が受信器を介して携帯型オーディオ装置に出力されるので、携帯型オーディオ装置を聴いていれば、報知信号としての音声信号を直ちに聞くことができ、すぐに携帯型通信器に着信があったことがわかる。
【0014】
そのような有用な効果が認められる一方で、受信器は携帯型オーディオ装置に着脱自在に取り付けられ、かつ着信を知らせる報知情報は微弱電波で送受信されるので、有線がほとんど不要となって(態様によってはまったく不要となる)装置機構がすっきりし、従来のようにコードがからまったりしないことはもちろん、前記受信器が携帯型オーディオ装置と一体となるので取り扱いやすく、鞄等に入れて操作しても何の煩雑さも生じない。
【0015】
また、受信器は発信器からの報知信号を受信する機能と、その報知信号を音声信号として出力する機能を備えるだけで足りるので、その機構もきわめてシンプルでコストも低廉で済み、しかも、音声信号としての報知信号は携帯型オーディオ装置から出力されるので、イヤホン等も携帯型オーディオ装置に接続すれば足りることになって、その点でも装置構成が簡易化することになる。

(57)【要約】

【課題】きわめて簡単な構成で、携帯型通信器(例えば携帯電話)を身につけていなくても、その着信信号を確実に確認できる技術を提供しようとする。【解決手段】携帯型通信器2に接続され、かつ該携帯型通信器2が通信信号を受信すると微弱電波で報知信号を発信する発信器1aと、携帯型オーディオ装置3に着脱自在に取り付けられ、前記発信器1aから発信された報知信号を受信し、かつその報知信号を音声信号として前記携帯型オーディオ装置3に出力する受信器1bとから構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):