(54)【考案の名称】セキュリティラベル

(73)【実用新案権者】富士フイルムロジスティックス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、開封確認を可能とするセキュリティラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、例えばパチンコ等の遊戯具では、当該パチンコ機を不正に開き、内部構造を改変するという不正行為が行われているが、このような不正行為、つまり機械の不正な開閉を確認するための種々の技術が提案されている。また、秘密事項を含む書類等を管理する封筒等については、その開封確認を行うためのセキュリティラベルについて種々の技術が提案されている。例えば、特許文献1では、封印シール部を剥離の有無を確認可能とした貴重品配送用シールが開示されている。

【効果】

【0006】
本考案によれば、有機溶剤系、第二、三石油類系の溶剤を用いたラベル剥がしに対しても反応可能とし、開封確認を万全としたセキュリティラベルを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】有機溶剤系、第二、三石油類系の溶剤を用いたラベル剥がしに対しても反応可能として開封確認を万全なものとし、セキュリティを担保すること。【解決手段】このセキュリティラベル1は、剥離すると非転写文字が浮き上がる構成を有するポリエステルフィルム3と、当該ポリエステルフィルム3の外縁部に配設され、有機溶剤系、第三石油系の溶剤に所定色をもって反応し表層剥離を起こす特殊紙2と、この特殊紙2の表面に特殊インキで印字された所定のマーク部4と、で構成されている。この特殊インキは、第二石油類系の溶剤に触れると滲みを起こすようになっている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):