(54)【考案の名称】ファイリング・カバー

(73)【実用新案権者】南精機株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は主としてカット紙プリンターによりプリントされた又はコピー機によってコピーされた書類に同じくプリントされた表紙をつけて製本する技術分野に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、書類に表紙をつけて製本するには次のような方法が利用されている。
1.表紙2枚で書類をはさんで背中に近い部分をホッチキスでとじて、粘着型テープで背中をくるむ。これでは、用紙の見開きが悪く不便である。
2.予め表紙の背中の内側に固体のホットメルト接着剤を塗られたものを利用し、専用の製本機によって製本する。この種の表紙は高コストである。
かつ、表紙に自由なプリントを施すことが困難である。
3.内部の書類の1ページ目が見えるように透明プラスチックの表紙を利用する。これは、廃棄する場合に、表紙の焼却処理のときCOが発生する。

【効果】

【0005】
従来技術に比べ本考案によるファイリング・カバーの効果は次の通りである。
1.1枚の用紙からなるファイリング・カバーでも複数の書類を貼り合わせすることによって、タイトルその他をプリントされた見開きの良い表紙付ファイルを簡単に製本できる。
2.特別な製本機や材料を必要としない。
3.表紙をプリンターによって自由にプリントできるので、体裁の良く立派な表紙を造ることができる。
4.郵送したい場合には、別の封筒を必要とせずフラップ付のファイリング・カバーを利用して、小口をふさげば郵送できる。
5.表紙をプリントすると同時にアドレスをプリントできる。
6.ファイリング・カバーを郵送する必要がなくても、フラップで小口をふさぐことができるので内容の個人情報を保護することができる。
7.プリンターでプリントした用紙だけでなく、予め別途造られたカタログ、チラシ−―――を貼付することができる。
8.紙のみで造られ、プラスチックを使用していないので環境保護に役立つ。

(57)【要約】

【課題】各種プリンターによってプリントされた書類及び予め印刷された書類・パンフレット等を1枚の表紙付ファイルとして製本し、しかも表紙を必要に応じてその都度プリントできる“いわゆるオンデマンド”製本すること。【解決手段】1枚の長方形の用紙を中心線により2分し、更に中心線に隣接して左右にミシン線を施し、ミシン線と中心線に囲まれた巾の狭い部分に両面テープを施して貼付け部分とし、用紙のそれ以外の2つの部分をプリント部分とし、このような用紙をファイリング・カバーと呼ぶ。 ファイリング・カバーに於いて、プリント部分をミシン目によって切離せば、これをプリンターによってプリント出来、更にそれを再び元の部分に貼り合せれば、プリントされた表紙になる。また、その他の両面テープによって表紙以外の書類を貼り合せて1冊のファイルに製本する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):