(54)【考案の名称】封緘葉書用シールシート

(73)【実用新案権者】特種製紙株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は封緘葉書シール用シートに関するものである。さらに詳しくは、葉書の表面に設けられた視認可能な情報部分に貼付し、その情報を隠蔽するための機能と、途中で開封されたか否か判断できる機能を有し、隠蔽したシートの上にインクジェット記録若しくは電子写真方式で記録することが可能な封緘葉書シール用シートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
個人情報保護法の制定に伴い、封書に代わる「封緘葉書」や「シール付き郵便葉書」が情報の保護を目的に多方面で使用されている。このような用途においては、機密性を要する内容が表面から判読されないようにするための工夫と、他人が途中で開封したか否か判断できるような工夫が必要となる。またこの様な用途として使用される封緘葉書用シールシート上に宛先や広告などの機密性を要しない情報を少量ずつ記録する用途があり、その記録方法もインクジェット方式、電子写真方式等といった汎用性の高いオンデマンドの記録方法を使用する場合が多く、それらの用途に適した構成とする必要がある。その一例として特許文献1には、基体シートの片面に、溶融押し出し樹脂層を設け、さらに疑似接着層、粘着剤若しくは接着剤層、必要に応じて剥離シートを設けた封緘葉書用シールシートが提案されている。この考案による情報保護方法を用いることで、表面から判読されないようにするための工夫と、他人が途中でシールを開封したか否かを判断できる工夫がされている。
【0003】
このシールシートの表面に、機密性を要しない情報を記録する態様を適用した場合、特にインクジェットによる記録が行われたような場合には、輸送途中に雨水に触れる可能性があるため、基体シートからインクが流出しないように耐水化させることが必要となる。
【0004】
特許文献1では葉書面において、個人情報などの秘匿すべき情報を外部から視認することを防止する目的で、封緘葉書用シールシートを使用して、秘匿すべき情報の上に貼り付けることが行われてきた。このような従来の封緘葉書用シールシートは基体シートの外面に手書きでの記載は容易であるが、インクジェット方式や電子写真方式といったオンデマンドの汎用性の高い印刷方法に対応したものではなく、基体シートの外面を有効に活用できていない点が問題であった。
【0005】

【効果】

【0020】
本考案は、インクジェット若しくは電子写真方式で記録可能な基体シート1を使用するため、封緘している面の上に汎用性の高いオンデマンド印刷方法で情報を記録可能であると同時に、封緘を除去した後も基体シート1上の記録内容が保存され、さらには葉書の秘匿内容を受取人以外の第三者が判読することができず、途中で開封されたか否かを判断することができるという優れた特長を有している。

(57)【要約】

【課題】 従来の封緘葉書用シールシートは手書きでの記載は容易であるものの、基体シートの外面に個人的に汎用性の高いオンデマンド印刷方法で使用できるものではなく、基体シートの外面を有効に活用できていなかった。【解決手段】 本考案は、インクジェット若しくは電子写真方式で記録可能な基体シートを使用するため、封緘している面の上に汎用性の高いオンデマンド印刷方法で情報を記録可能であると同時に、封緘を除去した後も基体シート上の記録内容が保存される。また葉書の内容を受取人以外の第三者に判読できず、途中で開封されたか否か判断できるという、優れた特長を有している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):