(54)【考案の名称】電力貯蔵装置

(73)【実用新案権者】株式会社正興電機製作所

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電力貯蔵システムに関し、特に商用電力供給源からの電力を蓄電する電力貯蔵システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
商用電力供給源からの電力を蓄電する電力貯蔵システムとして、商用電力供給源と太陽光発電手段と蓄電手段から構成される電力貯蔵システムがある。太陽光発電手段は太陽光発電パネルと太陽光パワーコンディショナーを備え、蓄電手段は蓄電池とコントローラーを備える。このシステムでは、負荷に対して商用電力供給源、太陽光発電部及び蓄電手段のそれぞれが電気的に接続されており、電力を供給する構成となっている。また、太陽光発電手段により発生した電力の余剰分を電力会社に売電するために商用電力供給源に対して太陽光発電手段が電気的に接続されている。
【0003】
上記のシステムでは、蓄電池への電力の供給は軽負荷深夜時間帯等任意の時間帯設定により商用電力供給源から行われ、供給された電力は蓄電池に蓄電される。同時に負荷の消費電力に対しても商用電力供給源から電力の供給が行われる。また、昼間は、負荷の消費電力が所定の値以下の場合は蓄電手段により蓄電された電力を負荷に供給する。負荷の消費電力が所定の値以上の場合は蓄電手段からの電力の供給に加え、太陽光発電手段が発電していれば太陽光発電手段から、太陽光発電手段が発電していない場合、または負荷の消費電力がそれ以上である場合は、商用電力源からも負荷に対して電力が供給される。そして、負荷への電力供給を超えた余剰電力は電力会社へ売電されるシステムである。このようなシステムにより、夜間の電力を有効に利用し、昼間の電力の消費を抑制することを可能にしている。
【0004】
また、参考文献として本考案の出願人による特許文献を以下に記載する。
【0005】

【効果】

【0019】
本考案に係る電力貯蔵システムによれば、商用電力供給源とは異なる、例えば上記太陽光発電手段のような自然エネルギーにより発電して電力を生じる発電源と蓄電手段が一体化しているため、システム全体の構成及び動作を簡略化しつつ、負荷の消費電力に応じて安定した電力の供給が可能となる。
【0020】
また、上記本考案に係る電力貯蔵システムによれば、自然エネルギーにより得られる電力は随時蓄電されつつ売電が極力抑えられ、負荷における消費に対して日中の商用電力と比べて優先的に且つ無駄なく消費することができる。また、軽負荷深夜時間帯に蓄電された電力を有効的に活用することにより、日中と夜間との間の商用電力消費の平準化が可能となるとともにCOを削減することができて、環境問題を考慮したものとできる。

(57)【要約】

【課題】 システム全体を簡略化し、自然エネルギーより得られる電力を有効的に消費することを可能とする電力貯蔵システムを提供する。【解決手段】 商用電力供給源4と、太陽光発電部2と、前記太陽光発電部2が生じた電力を直接蓄電可能であって前記商用電力供給源4から供給される電力を蓄電可能な蓄電部3とを備えた電力貯蔵システム1であって、前記太陽光発電部2が電力を生じる時間帯における負荷5の電力消費に対し、所定の供給停止条件が成立するまでは前記蓄電部3により前記負荷5に電力が供給され、前記供給停止条件が成立した後供給停止解除条件が成立するまでは前記商用電力供給源4からの電力が前記負荷5に供給され、前記供給停止解除条件は前記太陽光発電部2が電力を生じない時間帯に前記商用電力供給源4から供給される電力により前記蓄電部3が充電を完了することである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):