(54)【考案の名称】キートップおよびキーボード装置

(73)【実用新案権者】株式会社日本デジタル研究所

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、パーソナルコンピュータ等の情報処理装置に情報を入力するための入力手段として使用するキーボード装置を構成するキートップに関するものであり、特に、キートップ天面に表示する文字のサイズを大きくすることが可能なキートップおよびキーボード装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年の職場環境においては、VDT(Visual Display Terminal)作業を行う時間が増えてきている。このVDT作業中は、ディスプレイとキーボード装置(以下、キーボードと呼ぶ)とを見ながらパーソナルコンピュータ(以下、パソコンと呼ぶ)などへの情報入力操作を行うため、VDT作業者は、身体的な負担を強いられ、とりわけ視覚(目)に対する負担が大きい。特に、会計事務所などにおける財務帳表作成作業においては、数値等の入力・編集作業においてミスが許されないという緊張感もあり、通常のVDT作業よりもさらに大きな負担が強いられる。そして、視覚に対する負担により疲労が蓄積してくると、注意力が散漫になり操作ミスが発生するなどにより作業効率が低下し、これによりかえって作業時間が長くなってしまい、さらに疲労が蓄積していく、という悪循環に陥る恐れがある。
【0003】
このような視覚への負担を軽減させるために、ディスプレイに表示される文字を大きくする、などディスプレイを改善する手法が存在する。一方で、情報の入力手段であるキーボードを改善することにより、負担の軽減が図れる。具体的には、キートップに表示される文字のサイズを大きなものとすることで、視覚への負担を軽減できる。ただし、単純に文字サイズを大きくしようとすると、キートップを大型化する必要があり、必然的にキーボードも大型化してしまうため、コンパクト性に欠ける、という別の問題が生じる。
【0004】
そのため、キーボードを改善して負担軽減を図るには、たとえば、下記特許文献1に記載の技術を用いる。下記特許文献1の記載によれば、キーボードの特定の部分に特殊な形状のキートップを配置することにより、各キートップの天面の領域が狭くなるのを回避しつつ、キーボード本体のコンパクト化を図る、とされている。この技術の直接的な目的は、キーボードのコンパクト化であり、上記身体的負担を軽減することではないが、天面の領域が小さくなるのを回避することにより、天面に表示された文字が小さくなるのを回避して作業者への負担が増加するのを防止している。したがって、この技術を応用し、キーボード本体をコンパクト化する代わりに、キートップ天面の領域を拡張して、そこに表示する文字のサイズを大きくすることが可能である。
【0005】

【効果】

【0017】
本考案にかかるキートップは、底面の寸法を従来のキートップと同一とし、天面の横幅を広げたキートップとしたので、特殊なアプリケーションソフトウエアを利用する際に使用する固有なキーボードを実現する場合に、キーボード本体を大型化することなしに、従来よりも大きなサイズの文字をキートップ天面に表示できるようになる。
【0018】
また、たとえば、機能を選択実行するためのファンクションキーのキートップ天面の表示の視認性を向上させることにより、操作性を向上させるとともに使用者への身体的負担を軽減することができる。
【0019】
また、本考案にかかるキートップは、底面の寸法を従来のキートップと同一としたので、従来のキーボードに対して装着などして容易に使用することができ、低コストで本考案にかかるキートップを備えたキーボードを実現できる。

(57)【要約】

【課題】文字の表示エリアに大きなサイズの文字を表示できるようにして表示内容の視認性を向上させるキートップを得ること。【解決手段】本考案にかかるキートップ(11、12)は、計算機システムにおいて、JIS規格に基づいて配列され、情報入力および入力された情報の編集を行うための操作キーとして使用する情報入力編集キートップ(31、32)を備えたキーボードを構成する情報入力編集キートップとは異なるキートップであって、情報入力編集キートップ(31、32)の底面と同一寸法の底面と、情報入力編集キートップ(31、32)の天面の横幅よりも広く、かつ底面の横幅よりも狭い横幅の天面と、を備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):