(54)【考案の名称】携帯電話機用耳かけ装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は携帯電話機に、はめこみ型の耳かけ具を設置した、耳かけ装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
最近の携帯は軽量化により薄くなり、片手が使えない場合、耳と肩ではさみにくく、メモをとる時など不便である。

【効果】

【0005】
上述の様に、本考案の携帯電話機用耳かけ装置は、会話の内容を正確にメモをとることが可能であり、料理中や作業中にも動作と並行して対応できることにより、両手がふさがっているときに役立つ。

(57)【要約】

【課題】最近の携帯は薄くて小さくなり、片手が使えない場合、耳と肩ではさみにくく、メモをとる時など不便である。そんな時に、通話しながら同時に、メモをとるなど他の作業をすることが可能になる、はめこみ型の携帯電話機用の耳かけ装置を提供する。【解決手段】耳かけ具を、携帯電話機のメインディスプレイ側の上部の曲線にそってはめこむ型で、メインディスプレイの下の方の側面に設置することにより、携帯電話機の開閉時にも邪魔にならず、使用時には簡単に指で前に取り出せ、収納時も指で押すだけといったことを特徴と有する携帯電話機用耳かけ装置。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):