(54)【考案の名称】収納部付き本

(73)【実用新案権者】大日本印刷株式会社

(73)【実用新案権者】株式会社交通新聞社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この発明は、サンプル、付属部材などを収納するための収納部を備えた収納部付き本に関する。

【従来の技術】

【0002】
本や雑誌の販売にあたって、それらの本や雑誌のテーマに関連したサンプルや見本を付録として添付したり、また雑誌の広告の宣伝効果を高めることを目的として試供品を添付することが従来から行われている。また絵本の中には、教育的効果を高めるものとして、絵合わせ用の絵や文字などを記した駒が付属品として一緒に販売されているものも数多く存在する。
【0003】
こうしたサンプルや見本、試供品や付属品(以下サンプル等という。)の添付された本や雑誌(以下本等という。)では、サンプル等を収納するための収納部が設けられているものが従来より存在する。
【0004】
従来の収納部付きの本等として、例えば以下の各特許文献に記されている。
特許文献1には、段ボール等からなる多数の起立するセルを備える厚い緩衝材からなり、下着、アクセサリー等の厚物サンプルの収納部を備えた厚物サンプルパッケージを一緒に製本した厚物サンプルパッケージ付き本が示されている。また特許文献2には、収納体を見栄えよく冊子体から取り外せ、かつ収納物が容易に収納体より取り外せないものであり、かつ安価な収納体の構造を有する冊子体が示されている。
【0005】

【効果】

【0020】
以上、本考案によれば、複数の収納部を設けることにより、従来よりも大きな収納スペースを確保しつつ、本等の強度や見栄えを損なわない収納部付き本を提供することができる。また、収納部を本体と切り離さない状態で使用に供することができるため、本体で用いる付属品を収納することを目的とする収納部である場合には、収納部が本体とバラバラにならず、紛失の危険性が少ない。更には、本文頁を開いた場合にも表表紙側と裏表紙側とに著しい段差が生じず、見開きの平坦部を作り出すことができるので、例えば開いた状態で本文頁の上に駒などをおいて使用に供する絵本等の場合にも使用しやすい収納部付き本を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】従来の収納部付き本においては、本文頁を開いた状態において平坦な見開きを形成することができなかった。【解決手段】表表紙2と表表紙側収納部2S、裏表紙3と裏表紙側収納部3Sとを、各々一体的に形成し、本文頁15,15を挟み込むように形成された収納部付き本1において、表表紙側収納部2Sと裏表紙側収納部3Sとを、略同一形状、略同一の厚さとする。各収納部には引出部が備えられ、本文頁15,15を見開いた状態においても付属部材等の取出し及び収容がスムーズに行いうる。各収納部、各引出部にはそれぞれ梁部が備えられており、頁面に直交する方向の強度の強化が図られている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):