(54)【考案の名称】プリントラベルの基布

(73)【実用新案権者】株式会社青山

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、衣料品に取り付けられ、その品質や洗濯方法を表示し、あるいは製造販売者のロゴマークを表示するプリントラベルのための基布に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、プリントラベルの基布として、品質やロゴマークが表示される矩形の平面形状を有する表示部と、該表示部に連なりかつこれと重なり合う、互いに相対する一対の縫い代部とを有するものが使用されている。
【0003】
前記従来の基布にあっては、その表示部のコーナ部分が角をなし、しかも前記表示部に重ね合わされた縫い代部により二重になっているため、この部分が衣料品着用者の肌に当たると、着用者に非常な不快感を与えるものとなっていた。

【効果】

【0006】
本考案によれば、全体に矩形状の平面形状を有する表示部のコーナ部分が弧状をなし、このために角張っておらず、しかも縫い代部が前記コーナ部分間にあって該コーナ部分と重なり合っていないことから、前記表示部のコーナ部分を比較的柔軟で肌当たりの良好なものとすることができる。これにより、本考案の基布を用いてプリントラベルとするとき、これを取り付けた衣料品の着用者に対する不快感が大幅に軽減される。

(57)【要約】

【課題】衣料品の着用者に対する不快感を軽減するプリントラベルの基布を提供すること。【解決手段】プリントラベルの基布(10)は、全体に矩形状の平面形状を有する表示部(12)であってその各コーナ部分(16)が弧状を呈する表示部(12)と、コーナ部分(16)間にあって表示部(12)に連なりかつこれと重なり合う複数の縫い代部(14)とを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):