(54)【考案の名称】広告用印刷物

(73)【実用新案権者】大日本印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞の折込用チラシやダイレクトメールで郵送するパンフレットなどの広告用印刷物であって、特に広告用印刷物に顧客が申込みなどの際に使用するための葉書用紙が用紙内に設けられている広告用印刷物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、販売促進を図るための手段として、新聞に折込用チラシを入れて配布したり、ダイレクトメールに広告チラシを同封するなどして、広告印刷物を顧客に配布又は郵送している。
このような広告印刷物には、広告情報が掲載されているだけではなく、それらの広告を見た顧客が広告主側へ連絡するために利用する葉書用紙や封筒用紙が付加されていることもあり、顧客は、必要に応じてそれらの葉書用紙や封筒用紙に個人情報を記入して申込みなどを行っている。
既に、封筒と申込用紙と広告とを有する広告用印刷物として、用紙の位置部を利用して封筒が設けられている広告用印刷物が公知となっている。(例えば、特許文献1参照)
【0003】
しかしながら、葉書に個人情報を記入して郵送する場合には、個人情報が漏洩して悪用されるという危険性があるという問題がある。
また、封筒用紙を用いる場合には、葉書に比べて郵送料金が高くなるというコスト上の問題がある。
更に、封筒を広告印刷物に同封して郵送する場合には、製造コストや郵送コストも高くなるために、気軽に広告印刷物に郵送媒体を付加して利用できないという不便がある。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案の広告用印刷物は、用紙の一部に葉書貼付片を有する葉書用紙が設けられ、葉書貼付片の上端縁部及び右端縁部に沿った所定領域に、所定の条件を加えることで接着する接着剤が塗布され、その他の領域に剥離用接着剤が塗布されているので、新聞の折込用チラシやダイレクトメール用のパンフレットとして配布する際に1枚の広告用紙として利用することができ、また顧客が広告主側へ連絡を取りたい場合には、葉書用紙に個人情報などの必要な事項を記入した後に、葉書貼付片でそれらの記入事項を隠蔽させて郵送することができ、記入された個人情報の漏洩を防止できるという効果がある。
また、切り取りミシンを切り取ることで簡単に葉書用紙の記入部分を簡単に切り離し、見開くことができるという効果がある。
【0010】
更に、本考案の広告用印刷物は、接着剤及び剥離用接着剤が、折り畳み予定線から折り畳まれて重なり合う葉書本体片と葉書貼付片の重合部分に塗布されているので、確実に接着状態にして葉書として郵送することができるという効果がある。
【0011】
また、本考案の広告用印刷物は、用紙に塗布されている接着剤が、感圧性または再湿性の接着剤であるので、葉書の記入部分を葉書貼付片で隠蔽状態とする際に、コインで擦って加圧させたり、水で湿らせるなどして簡単に隠蔽させることが出来るという効果がある。

(57)【要約】

【課題】一部に葉書用紙が設けられた広告用印刷物で、個人情報などの記入事項の漏洩を防止した郵送媒体を有する広告用印刷物を提供する。【解決手段】広告が印刷された用紙の一部分を葉書用紙3として用いる広告用印刷物1であって、葉書用紙の所定部分に折り畳み予定線6が表示され、折り畳み予定線を介して葉書本体となる葉書本体片7と、葉書上に貼付させるための葉書貼付片8とが連接されてなり、葉書貼付片の上端縁部及び下端縁部に沿った所定領域に、所定の条件を加えることで接着する接着剤が塗布され、前記葉書貼付片の前記接着剤が塗布されていない領域面上に、所定の条件を加えることで剥離可能に接着する剥離用接着剤が塗布され、前記葉書用紙に該葉書用紙が前記折り畳み予定線から折り畳まれ、前記接着剤及び前記剥離用接着剤により接着された際に、前記剥離用接着剤が塗布された領域部分を切り取るための切り取りミシン5、13が形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):