(54)【考案の名称】和服用ハンガー

(73)【実用新案権者】株式会社木下

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、長着等所望の和服を洋服の場合と同様、クローゼットに吊下げて保管したり、或いは和服展示会の展示用としても供し得る和服用ハンガーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より長着等の和服は、これを折畳んで和服用箪笥内に収納するものであるが、この場合一度横に折畳んで収納した際、再度袖を通す機会が少なくなり、気軽に和服を着用出来ないことで、和服離れに拍車が掛かり、且つ和服そのものを所持しないことで、和服用箪笥も不必要となるのであるが、和服の所持枚数が少ない場合、横長ロッドの中間部位にフック用の索条を連結して成る衣紋掛けが用いられ、この場合には両袖が垂れた状態で和服が吊り下げられ、長期に亘り保管した際には、袖部にシワや形崩れが発生する問題点があった。
また、在来周知の肩部が彎曲したハンガーに和服を掛けて吊り下げると、和服そのものが長いために、裾部分が床面に付いて汚れやシワが発生する等、欠陥を有するものであった。このため、和服を短尺化した状態に折曲して、洋服と同様型に吊り下げる方式の和服用ハンガーが提案されている。

【効果】

【0005】
本考案によれば、和服を折畳んで横方向に和服用箪笥に収納することなく、洋服と同様にクローゼットや洋服箪笥内に吊り下げられるので、場所をとらず、且つ和服への汚れやシワ発生を未然に阻止出来、ハンガーより簡単に係脱自在とするので、和服の取り出しが容易で、その着用機会が増加する利便があり、更には和服をハンガーに吊り下げた状態で各展示会で場所をとらずに展示することが出来、また和服に合致した帯や小物類を同一のハンガーに夫々吊り下げて供するので、それ等の紛失や忘失を図ることが出来る。

(57)【要約】

【課題】和服を洋服の場合と同様、クローゼットに吊下げて保管したり、或いは和服展示会の展示用としても供し得る和服用ハンガーの提供。【解決手段】フック部6の下方に、帯掛け部4を備えた長形のリング状部片7を横長に形設し、そのリング状部片7の一方端縁には、棒状片8を垂設すると共に、棒状片8の中間部位には、身頃掛け部3を、また棒状片8の末端には、一定間隔を介して同一方向に連設される平行な二本の袖掛け部1、2を、夫々形成した和服用ハンガーを特徴としており、またフック部6の下方に、横長に形設されたリング状部片7内には、稍々短尺な棒状を呈する小物掛け部5を、端縁から水平方向に形成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):