(54)【考案の名称】ブックカバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、ブックカバーに関し、特に立ち読みなどの防止のために本、雑誌などの書籍類に設けるブックカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
書棚に陳列されて販売されている本、雑誌などの各種書籍類は、いずれも包装などがされていないため、消費者が本をめくったり、立ち読みし易くなっている。このため、ページに折り目がついたり、消費者が全て立ち読みするなどして書籍の販売を妨げている。このため、書店ではフィルムやビニール袋などの中に書籍を入れて消費者の立ち読みなどを防いでいる。また、成人向けの本や雑誌も、未成年が目にすることのないように、予めフィルムやビニールの袋に入れて販売している。
【0003】
しかしながら、前述の袋などで書籍を包装する方法は、消費者の本の立ち読みなどを防ぐことができるが、購入前に消費者が内容を確認するために閲覧する機会を完全に奪ってしまう。よって、消費者は、事前に本や雑誌の内容を確認して、購入するかどうかを判断することができない。また、従来のフィルムやビニール袋などで予め包装する方法は、フィルムやビニール袋がごみになるため、環境保護に反するだけでなく、包装にかかるコストを増加させる。

【効果】

【0014】
この考案のブックカバーは、開封後に切り取った部分をしおりとして使用することができるため、ごみを出すことがなく環境を保護するとともに、包装のコストを下げる効果を有する。
【0015】
また、この考案のブックカバーは、書籍全部、もしくは一部を閲覧できないようにすることができるため、消費者は被覆されなかった部分を事前に閲覧して内容を確認することができる効果を有する。

(57)【要約】

【課題】開封後にしおりとして使用することができ、書籍の全部、もしくは一部の閲覧を防ぐことができるブックカバーを提供する。【解決手段】接続するか、もしくは接続しない表表紙、裏表紙を含んでなる表紙と、本の内容であって、集めて本の中身を形成する中身と、好みに応じて選択した2枚の紙を接続して形成し、且つ、適宜な位置に予め2本の切り取り線を形成し、本の中身を全部もしくは一部を被覆するカバーと、を含んでなり、中身を閲覧する場合には、切り取り線に沿って切り開き、切り取り線に挟まれた切り取り部分、もしくは切り取った後のカバーの残りの部分を利用して、閲覧後のしおりとして使用することができる構造からなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):