(54)【考案の名称】ノートブックコンピュータ用放熱台

(73)【実用新案権者】聯力工業股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はノートブックコンピュータ用放熱台に関し、詳細には、ノートブックコンピュータをその上に置いて使用する放熱台であって、そのデザイン、構造が簡潔で使用時の調整にも便利であり、迅速な設置角度の調整及び高い放熱効果等の利点を備えた、ノートブックコンピュータ用放熱台に関する。

【従来の技術】

【0002】
ワイヤレスネットワークの発達に伴い、ノートブックコンピュータの使用者も増加しており、現在ノートブックコンピュータの機能もデスクトップ型コンピュータに近づきつつあり、加えてその体積が軽薄で携帯に便利であるという特色を備えているため、一般の使用者を引き付けている。しかしながら、ノートブックコンピュータは小型で薄く軽いという利点を備えてはいるものの、相対して長時間の使用やアプリケーションの実行、周辺デバイスの駆動が多すぎるとシステムの温度が高くなりすぎるという問題が生じる。通常熱源はCPU(中央処理装置)であり、一般的なノートブックコンピュータ内部には適当な放熱装置が設置されているが、大量の熱が発生したとき、空間が不足している状態下や、ノートブックコンピュータが直接デスク上に置かれている場合、その底部が直接放熱できる面積も不足してしまうため、迅速に熱を逃がすことができず、ノートブックコンピュータ全体の機能に影響し、時にコンピュータがフリーズしてしまうことさえある。また、長時間の使用においては、放熱ファンが不定期的かつ頻繁に駆動され、騒音が発生するだけでなく、往々にして十分な放熱効果が得られない。さらに、ノートブックコンピュータのキーボードと本体は一体として作られているため、操作者がタイプを行うとき、適切な角度に調節しづらいという問題もある。
【0003】
このため、市場には多くのノートブックコンピュータを置いて使用するための設置台が提供されており、図1に示すように、このような設置台aは後端部に支持脚部a1が設けられ、ノートブックコンピュータbを置く平面とデスク上面の間に一定の角度を保持し、その上方に置かれるノートブックコンピュータbのキーボードが傾斜した状態になり、且つ、前記設置台a正面の適切な位置には複数の放熱ファンcが設けられ、放熱効果を向上するほか、キーボードの角度を傾斜させて使用に便利なようにしているものである。しかしながら、各操作者の操作の習慣は異なるため、固定された単一の傾斜角度の設置台では各操作者の使用習慣に合わず、加えてノートブックコンピュータbそのものの発熱部材はCPUだけではなく、ハードディスクやディスクドライブも発熱するため、位置が固定された放熱ファンcではその放熱効果には限りがあり、改良が必要である。
【0004】
このため、本考案は上述のような従来のノートブックコンピュータ用設置台における使用及び構造上の欠点に鑑みて、考案者がその関連事業における長年の経験に基づき研究を重ねて設計された斬新なノートブックコンピュータ用放熱台を提供するものであり、操作者の必要に応じて迅速に傾斜角度を調節できるだけでなく、底部の放熱ファンもノートブックコンピュータの発熱部材の位置に合わせて調整することができ、迅速に熱を逃がすという目的を達する。

【効果】

【0007】
上述の構造により、その使用時には、本考案の放熱台は傾斜角度が調整でき、その調整時には脚座両側の固定ボルトを緩めて脚座を移動可能な状態にし、脚座と設置台を左右方向に相対的移動をさせ、固定ボルトを調整溝の固定溝の中から出して調整溝の滑動溝内で上下移動できるようにし、さらに、固定ボルトを適切な高さに移動させた後再度対応する固定溝内に穿入し固定するだけで、便利に使用及び調整を行うことができる。このほか、各ノートブックコンピュータの設計の違いによりその発熱源の位置も異なるため、本考案は放熱ファンの位置を適度に調整できる構造を提供しており、前記枠体両側の滑動孔を利用し、放熱ファンを枠体内で一定方向に滑動させて位置を調整することができ、ノートブックコンピュータ内の熱源に対し迅速な放熱を行わせ、ノートブックコンピュータの使用時における安定性を確保することができる。

(57)【要約】

【課題】使用時の調整が便利であり、ノートブックコンピュータの設置角度を速やかに調整でき、かつ、迅速に放熱できる等の利点を備えた、ノートブックコンピュータ用放熱台の提供。【解決手段】主に設置台、脚座及び複数の放熱ファンから構成され、そのうち、前記設置台は折り曲げて段差を設けた階段状を呈し、その前方にアームレストを設け、前記設置台の前縁部に内側に折り曲げた底台を設置し、前記設置台の後部を湾曲して弧部を形成し、前記設置台の正面に複数の通風口を開設し、各通風口の底面に枠体を設け、前記枠体の両側に放熱ファンが設置される滑動孔を開設し、前記弧部両側に滑動溝の片側に等間隔で複数の固定溝を開設してなる調整溝を開設し、前記調整溝に前記脚座を結合させて使用され、前記脚座は側面からみると略L字形を呈し、その底面に滑り止めゴム片を貼り付け、他面の適当な位置に上述の調整溝に対応する2つの固定ボルトを設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):