(54)【考案の名称】折り畳み式立体ラベル

(73)【実用新案権者】廣川株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は展示商品等に貼着して立体表示機能をもたせた折り畳み式立体ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の表示ラベルは、シート上に商品名等を印刷したものを所定のサイズに切り抜いて各種商品に貼着して使用されている。これらは平面的に貼着したものであり、展示商品の表示機能としては目を惹き付ける効果に乏しいものではなかった。そこで、下記特許文献等に示されるように、折り畳み式の立体型ラベルも使用されている。

【効果】

【0008】
本考案に係る折り畳み式立体ラベルは、貼着される第2区画部に対して第1区画部が起立する状態となる。また、第3区画部を有する構成とした折り畳み式立体ラベルにおいては、第1区画部の折り曲げに対する復元力が低下しても、第3区画部の復元力が第1区画部が起立するのを補助するので、折り畳み状態が長期間続いても具合よく起立することになる。また、ラベルが折り曲げに対する復元性を有する紙材からなる構成とした場合には、その効果がより一層顕著に表れて好適である。

(57)【要約】

【課題】本考案は、立体状に復元する能力が十分に備わっており、長期間折り畳み状態が続いてもうまく起立する折り畳み式立体ラベルを提供することにある。【解決手段】本考案に係る折り畳み式立体ラベルAは、少なくとも1箇所の折り目1を有し、前記折り目1により区切られる第1区画部11と第2区画部12とが形成され、前記第2区画部12の一方の面を接着面12bとし、他方の面を非接着面12aとし、第2区画部12の非接着面12a上に第1区画部11を折り曲げて2つ折りに折り畳むことを可能にしたものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):