(54)【考案の名称】薄型キーのキー台とそのキー台を備えた薄型キー

(73)【実用新案権者】英群企業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種のキー機構、特に一種の薄型キー台に使用し、プラスチック材料により一体化成型を可能とする。

【従来の技術】

【0002】
公知技術の薄型キーボードに使用するキーは、架け橋機構により、キーを固定および荷重を受ける。架け橋機構はさらに、キーを下方向に押す行程を遂行する。
しかし、架け橋機構は二つの独立した台により組み合わせて、交差したX型構造を形成する。架け橋機構は複雑で、組立が難しいほか、組立のとき、台が折れやすい。組立完了後の架け橋機構から、折れた台を使用しているか否かの検査が困難である。このため、架け橋機構より製造された公知技術の薄型キーボードに、製造コスト高いおよび品質が管理しにくい課題が残っている。
【0003】
本考案者は、公知技術の薄型キーボードに使用する架け橋機構の欠点に対する改善を鋭意に研究し、前記の公知技術の架け橋機構に取り代わる一種の薄型キー台を考案した。

【効果】

【0009】
本考案は、一種の薄型キーに使用するキー台に関わるもので、主に枠体と底板を設ける。枠体はキーの固定および荷重を受ける。キーは枠体の下方向に押すことができる。底板は枠体に設け、キーの底面に接触する。底板は、キーを枠体の上方向の設定距離に突き上げる。キー台は、プラスチック材料を一体化成型により製造できるため、本考案のキー台で製造された薄型キーボードは低コスト、組立速い、製品品質が優れるなどの特長を有する。

(57)【要約】

【課題】薄型キーのキー台とそのキー台を備えた薄型キーの提供。【解決手段】本考案は、一種の薄型キーに使用するキー台に関わるもので、主に枠体と底板を設ける。枠体はキーの固定および荷重を受ける。キーは枠体の下方向に押すことができる。底板は枠体に設け、キーの底面に接触する。底板は、キーを枠体の上方向の設定距離に突き上げる。キー台は、プラスチック材料を一体化成型により製造できるため、本考案のキー台で製造された薄型キーボードは低コスト、組立速い、製品品質が優れるなどの特長を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):