(54)【考案の名称】特典付き名刺

(73)【実用新案権者】株式会社MIHORI

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、飲食店などを経営する会社の経営者や従業者が店舗などの顧客や取引先に手渡すための名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、名刺を単なる氏名や住所を相手に知らせるためだけのものとしないで、店舗や商品などの広告宣伝のためにも使用することが提案されている。例えば、特開2002−326479号公報は、名刺の表面側に氏名や住所を記載し、その裏面側の全体に企業広告を表示した広告付き名刺を提案している(図6参照)。

【効果】

【0008】
本考案の特典付き名刺においては、表紙部と裏表紙部との間に綴られている一つ又は複数の長方形シートに顧客のためのクーポン券、割引券、サービス券、感謝券、又は顧客ポイントなどの顧客のための特典を示す情報が印刷されており、顧客や取引先は、この長方形シートを前記切り取り線部により名刺から切り離して店舗などで使用することができる。よって、本考案の特典付き名刺を使用する場合は、名刺を受け取った顧客や取引先に対して、店舗などでサービスや割引などの特典を受けられるという特別の便宜やメリットを提供することができる。
【0009】
また、本考案による特典付き名刺において、前記長方形シートに、前記顧客のための特典を示す情報と共にその特典の有効期間を示す情報をも印刷するようにしたときは、本考案による特典付き名刺を受け取った顧客や取引先に、前記有効期間内での早期の店舗の利用を促すことができるので、店舗の早期の売上げ促進や早期の口コミによる宣伝を期待できるようになる。
【0010】
さらに、本考案による特典付き名刺において、前記切り取り線部を長方形シートの端辺に沿って微小な複数のスリットを間欠的に形成することにより構成したときは、本考案による特典付き名刺を受け取った顧客や取引先は、希望する特典が印刷された長方形シートを極めて容易に名刺本体から分離して店舗などで使用することができる。

(57)【要約】

【課題】名刺を受け取った顧客や取引先に特別な便宜やメリットを与えることができる、特典付き名刺を提供する。【解決手段】少なくとも氏名及び住所が印刷された表紙部と、前記表紙部と連続するように形成された裏表紙部と、前記表紙部と裏表紙部との間に配置された一つ又は複数の長方形シートであって、その一方の面又は双方の面に、顧客のためのクーポン券、割引券、サービス券、感謝券、又は顧客ポイントなどの顧客のための特典を示す情報が印刷されている長方形シートと、前記長方形シートの各端辺又はその近傍部分を前記表紙部及び裏表紙部に接続してこれらの全体を前記端辺又はその近傍部分で綴じるための連結部と、前記長方形シートの各端辺又はその近傍部分に形成された切り取り線部であって、前記長方形シートを前記連結部から容易に切り離すための切り取り線部と、を備えた特典付き名刺である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):