(54)【考案の名称】ラメ印刷シート

(73)【実用新案権者】株式会社フジ製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主にファイルノート、手帳、日記帳、アルバム等の表紙やカバー等に使用されるラメ印刷シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
適宜素材で形成された被印刷体の表面にラメ(ポリエステルフィルム等にアルミニュウム等の金属を真空蒸着して細かく裁断した細片)をシルクスクリーン等で印刷することにより前記被印刷体の外観品質を向上させてなるラメ印刷物が提案されている。
しかし、従来のラメ印刷物は被印刷体の表面にラメを直接印刷したものであるためラメ印刷物を適用した製品を長期間使用すると摩擦等によってラメが剥がれてしまい製品の見栄えが悪くなって製品の外観品質が低下するという不具合がある。
また、ラメ印刷物からラメが剥がれるとラメが塵や埃等の遠因の一つになる等の不具合がある。

【効果】

【0005】
本考案は、保護透明シートの裏面にラメが印刷されているのでラメ印刷シートを適用した製品を長期間使用してもラメが剥がれないので当該製品の外観品質が低下することを防止できるという優れた効果を有する。
また、本考案は、保護透明シートの裏面にラメが印刷されているのでラメ印刷シートが適用された製品を使用してもラメが剥がれないので塵や埃等の遠因の一つになることを防止することができるという優れた効果を有する。
さらに、請求項2〜請求項5の本考案は、上記優れた効果の他にラメ印刷部がグラデーションとなって表れるのでラメ印刷シートの外観品質を一段と向上させることができるという優れた効果を有する。

(57)【要約】

【課題】本考案は、ラメ印刷シートからラメが剥がれないのでラメ印刷シートが適用された製品を長期間使用しても外観品質が低下することを防止できると共にラメが剥がれて塵や埃等の遠因になることを防止できるラメ印刷シートを提供する。【解決手段】ラメ印刷シート10が適用された保護透明シート16の裏面16Aにはオフセット印刷によって図柄印刷部18とラメ印刷部20が設けられている。このラメ印刷部20には透明部20Aと半透明部20Bが形成されている。ラメ印刷部20にはシルクスクリーン印刷でラメインク層30が形成されている。従って、前記ラメ印刷部20は透明部20Aと半透明部20Bが形成されているので、透明部20Aに対応するラメ32は明瞭に見え、半透明部20Bに対応するラメ32は薄く見える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):