(54)【考案の名称】水泳距離確認器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、プールにおいて水泳や水中歩行をしている時に、自分が泳いだり歩いたりした距離を確認することができる水泳距離確認器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から健康維持、体力増進、ストレス解消等のために水泳をしたり、最近では水中ウォークを手軽な生涯スポーツとして継続する人は多い。しかし、自分がプールを何往復したか、すなわち、何メートル泳いだか、歩いたかはもっぱら自らの記憶に頼るしかなかった。これらを解決したものとして、「泳いだ距離を記録する装置」がある(例えば文献1参照)。
また、もっと手軽で、簡便なものとして、表示面が磁石で吸着するように形成され、移動指標部材として表面を着色した磁石ボタンを使用した「水泳距離確認板」がある。(例えば文献2参照)。
【0003】

【効果】

【0009】
以上説明したように、本考案を使用すると以下の効果が得られる。
(1)構造が単純・簡素で素材も水に強く錆びないため、破損や故障の心配が無く、長く使用することができる。
(2)珠が通されている棒にネームプレートが取り付けてあると、紛失や盗難の予防になる他、プール内の1つのコースを複数人が使用中に、自他の区別がはっきりと判るため、他人のものを使用するという誤用を防止することができる。
(3)珠が通されている棒に吸盤が設けてあると、プールの壁面に横方向や縦方向に適宜固定することができるため、平面部に配置しておくより、すぐに珠を動かすことができ、効率が良くなる。
(4)コンパクトに形成すると、水泳用のキャップの中に入れて持ち運びができ、携帯に便利である。

(57)【要約】

【課題】 使用環境が水中若しくは水飛沫を頻繁に浴びる苛酷な状況で、使用回数、経年使用を重ねても、破損や故障が無く、携帯に便利で、水泳や水中歩きの距離を確実に確認できる。【解決手段】 円盤状に形成された複数個の珠1を一本の防錆表面を持つ、又は防錆素材からなる棒2に通して構成し、それをプールサイドのスタート側に配置し、水泳等にてプールを往復する度に手動で珠1を棒2上にて移動させることで、往復回数とそれに応じた距離を確認する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):