(54)【考案の名称】自動車ハンドル用ブルートゥース音声通信装置

(73)【実用新案権者】精元電腦股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種の自動車ハンドル用ブルートゥース(bluetooth)音声通信装置に係るものであり、特に、自動車のハンドル(70)にRF無線発信器を取り付け、ブルートゥース音声通信装置と無線通信を確立し、ハンドルを握ったまま携帯電話を掛けることができる自動車ハンドル用ブルートゥース音声通信装置に係るものである。

【従来の技術】

【0002】
自動車内で携帯電話器を使用する為にハンズフリーキットが市販されているが、携帯電話をかける際にはハンドルから手を離したり、視線を前方の道路状況からずらしたりしなければならず、安全運転に支障をきたすという問題があった。本考案は上記の問題の解決を目的とする。

【効果】

【0005】
1.2つの第一ダイアル発信器(1)第二ダイアル発信器(1’)がそれぞれ1つずつハンドル(70)の左右両側に設置されることにより、自動車のドライバーはハンドル(70)を握ったまま、左右の指でキー(22)を押すことにより、ハンドルから手を離さずに携帯電話(100)を掛けることができる。
2.該メインコントローラー(90)はマイク(91)とスピーカー(92)とを具備し、上記構造により、自動車内でハンズフリー通話を行なうことができる一種の自動車ハンドル用ブルートゥース音声通信装置を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】自動車内でハンドルから手を離さず安全に携帯電話を掛けることができる自動車ハンドル用ブルートゥース音声通信装置を提供する。【解決手段】主に2つの第一ダイアル発信器(1)第二ダイアル発信器(1’)及び1つのメインコントローラー(90)を含み、2つの第一ダイアル発信器(1)第二ダイアル発信器(1’)はハンドル(70)の左右両側にそれぞれ1つずつ設置され、第一ダイアル発信器(1)第二ダイアル発信器(1’)のキー(22)はメインコントローラー(90)にRF無線発信でき、メインコントローラー(90)は無線受信器により第一ダイアル発信器(1)第二ダイアル発信器(1’)のキー(22)より発信される信号を受信でき、ブルートゥース音声通信技術によりメインコントローラー(90)と携帯電話(100)との間のダイアル信号及び音声信号を変換することができ、又、該メインコントローラー(90)はマイク(91)とスピーカー(92)とを具備する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):