(54)【考案の名称】パゴダ傘

(73)【実用新案権者】株式会社カムアクロス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、天蓋が傘先に向けて突出する外観を有するパゴダ傘に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
この種のパゴダ傘としては、特許文献1に示すように、大型パラソル等に用いられるパゴダ傘が知られている。パゴダ(PAGODA)とは東洋の多重の仏塔、特にミャンマーの仏塔を示す言葉であり、開傘状態で仏塔のように天蓋が先端方向に向けて「ぴん」と張られたように突出する傘をパゴダ傘といい、天蓋が中棒の先端側に(傘先に向けて)引っ張り上げる構造を有している。例えば、特許文献1においては、抗圧バーを傘の開閉に伴って上下移動するように設けて、この抗圧バーの先端側に天蓋を固着して、傘の開閉に伴って天蓋が引っ張り上げられた状態と弛んだ状態とに切り替わるようになっている。
【0003】
しかし、特許文献1の傘は大型のパラソルであるため、抗圧バーを上下させる複雑な構造を許容できるが、一般に雨傘や日傘として手に持って用いられる傘には複雑な構造は採用し難い。
そこで、既存の手持ちで用いられるパゴタ傘では、例えば図6に示すように、中空の中棒30の先端側に上ろくろ31が固着され、この中棒30の先端に延長棒32が嵌入固定され、この延長棒32に石突き33が外嵌され、前記延長棒32に対して石突き33を上方に向かって付勢するコイルバネ34を設けたパゴダ傘が用いられている。このパゴダ傘は、石突き33に天蓋35が固着しており、上方に付勢される石突き33により天蓋35が上方に引っ張り上げられてパゴタ状に傘が開くようになっている。なお、同図において、止鋲36は下ろくろ38の上方で上ろくろ31を中棒30に固定しており、親骨37は複数設けられ、前記上ろくろ31の外周部に各一端が等間隔をおいて枢支されている。

【効果】

【0011】
本考案により、石突きを中棒に対して回動させずに上下に移動させられて、石突きの姿勢安定性を維持しながら開閉動作が可能となり、強風を受けた場合や石突きで路面を突いた場合の安定感が向上する。

(57)【要約】

【課題】姿勢の安定感を維持しながら石突きを中棒に対して案内できるようにする。【解決手段】有蓋筒状の石突き12が中空の中棒5の上端側から上下移動自在に外挿させられており、石突き12に固定された天蓋2を上方に付勢するコイルバネ14が中棒5と石突き12との間に備えられている傘において、前記石突き12は外周面に前記コイルバネ14を上端側で支持するコイルバネ支持体13が固着されていると共に、このコイルバネ支持体13の内側を直径方向に貫通するピン17を備え、前記中棒5にはこのピン17と遊嵌する一対の案内切込15、15が上下方向に形成されており、前記案内切込15、15とピン17とで石突き12の中棒5に対する回動を上下方向に亘って規制する回動規制手段22が形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):