(54)【考案の名称】切花用制菌シート

(73)【実用新案権者】オクイ株式会社

(73)【実用新案権者】大和化学工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カルボン酸系、ジフェニルエーテル類、第4級アンモニウム塩からなる制菌剤を含浸させた切り花の茎の切り口を覆い、そのまま花瓶に入れて使用可能とする切り口覆い兼花瓶投入用シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、切花の鮮度保持剤や水分保存シートは存在したが、花瓶に挿した切花の水における菌の発生を抑えるシートは無かった。また、切花の鮮度保持を目的としたものはあるが、花瓶の中の水における制菌を目的としたものは見られなかった。
【0003】
上記水分保存シートとしては、下記特許文献1がある。
【0004】

(57)【要約】

【課題】 花瓶あるいはスポンジの水の菌の繁殖を防ぐ制菌シートの提供【解決手段】不織布に有機系カルボン酸、ジフェニルエーテル類、第4級アンモニウ塩等を含浸させたシートであって、切り花とともに花瓶に投入、あるいはスポンジに覆ったまま使用することを特徴とする切花用制菌シート


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):