(54)【考案の名称】折り畳み冊子

(73)【実用新案権者】旭包装株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ダイレクトメール(DM)に使用して好適な折り畳み冊子に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
DMは、多数の冊子片が連なっている方が多くの情報を掲載できて宣伝効果が大きい。このため、下記特許文献1では、本文を表紙で包んで背で綴じ(中綴じ)、表紙の一方をミシン目を介して延長部に形成し、ミシン目を折り返して延長部で本文を包んで裏表紙に糊付けするものが提案されている。そして、これを受け取った受取人は、ミシン目に沿って切り取って開封するものである。しかし、この先行例のものは、ミシン目で切り取らなければならないから、鋏やカッターが必要であったりと、開封作業が煩雑である。

【効果】

【0005】
請求項1の考案によると、この冊子は、冊子片を折り重ねたものであるから、冊子片の数を増やすことで掲載する情報量を増やすことができる。そして、この冊子の受取人は、小範囲に塗布された剥離可能な糊を剥がすだけで、簡単に開封できることになる。したがって、読まずに遺棄される度合いが少なく、通知効果が大きい。加えて、この糊は、開放側の一側縁に塗布するだけであるから、作業が簡単である上に量も少なくてすむ。加えて、全体が特定の形状に打ち抜いてあり、興味喚起効果が高い。
【0006】
請求項1で特に強調したいのは、冊子となったどこにもミシン目が形成されていないことである。したがって、取扱い時や郵送中に破断したりすることがない。なお、糊は、剥離可能な弱粘着性のものであるが、これにも少々の外力を受けたとしても剥離しない相当の接着力があるものがあるから、これを使用すればよい。さらに、請求項2の手段によると、冊子の包み込みがより完全になる。

(57)【要約】

【課題】 多くの情報が掲載でき、しかも、開封作業が簡単なDM用に使用して好適な折り畳み冊子を提供する。【解決手段】 複数の冊子片を横に展開して各冊子片の堺に縦に折り目を付け、一方の端の冊子片から順に折り目を折って巻き込むようにして他方の端から二番目の冊子片の上に折り重ね、この上に他方の端の冊子片を折り重ねた冊子片を包むように折り返してこの冊子片とその下にある冊子片の開放側端部を剥離可能な糊で接着するとともに、糊接着部を残して全体を所定の形状に打ち抜いてある折り畳み冊子。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):