(54)【考案の名称】招待状

(73)【実用新案権者】株式会社アペル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、結婚式又は結婚披露宴の招待状に関するもので、詳しくは、印刷された2次元コードに埋め込まれたURLリンク先にアクセスすることで、結婚式又は結婚披露宴に招待する当事者の挨拶等が動画配信される招待状に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、結婚式や結婚披露宴の招待状に、結婚当事者や親族の写真或いはメッセージ等を添えることは行われていた。招待状の内容としては、案内文に開催日時や開催場所と当事者の名前が印刷された招待案内状と、案内状に対する返信用の葉書とを封筒に入れたものが殆どであり、郵送や手渡し等により招待者に渡されていた。
一方、結婚式や結婚披露宴を見てみると、結婚に到るまでの当事者のビデオ映像やスライド写真がエンドロールまで加えられ編集されて映し出され、大掛かりな仕掛けや、さらには打ち上げ花火を挙げる等、凝った演出がなされている場合があったり、逆に、身内や極親しい人達だけで簡素に行う等、多様な形態で行われているのに対し、招待状に関しては、昔から殆ど変わっていない。
このような背景や、参列する際の服装やお祝いにどのようなものを用意したらよいのか迷わないようにとのことから、結婚披露宴の雰囲気を招待状も含めて統一した表現にするために、特許文献1には、結婚行事の招待状及び結婚行事用招待状セットが開示されている。この考案は、招待状に結婚式場か結婚披露宴会場の写真を掲載したものである。特許文献2は、結婚式の案内状、お礼状等の結婚式用印刷物に関するもので、婚約者の顔写真がプリントされた各写真シールを案内状に貼り付けたものである。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の招待状によれば、2次元コードを携帯電話機で読み取ることによって、結婚式や結婚披露宴会場、結婚当事者のなれそめや結婚にいたるまでのエピソード、さらには結婚式や結婚披露宴当日の服装等についてもビデオ映像で伝えることができるので、例えば、映画のプロモーション映像のような手法を用い、当日での期待感を持たすことも可能になる。また、一般的に招待状をもらってから結婚式や結婚披露宴当日まで間があるために招待案内状を紛失した場合や、或いは招待案内状を持ち歩かなくても、その開催日時や開催場所を携帯電話機のメモリからURLを再呼び出しすることで、いつでもどこでも確認することができる。

(57)【要約】

【課題】結婚式、結婚披露宴、結婚当事者に関する情報をビデオ映像により伝えることができる招待状を提供する。【解決手段】結婚式又は結婚披露宴における、当事者氏名を印刷した氏名印刷部と、開催日時を印刷した開催日時印刷部と、開催場所を印刷した開催場所印刷部と、を少なくとも備える招待案内状と、招待案内状に対する返信用葉書と、招待案内状及び返信用葉書を封入する封筒と、から少なくとも構成され、招待案内状、返信用葉書、又は封筒のいずれか1つ以上に、特定のWebサイトにリンクするURLと関連付けられた二値以上の2次元コード及び/又は識別符号が印刷されたURLリンク印刷部を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):