(54)【考案の名称】名刺添付機能をもったパンフレット

(73)【実用新案権者】セイコー印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺添付機能をもったパンフレットに関し、特に、名刺大に折り畳み、名刺とともに手渡すのに適したパンフレットに関する。

【従来の技術】

【0002】
商業活動を促進させるための重要な手法として、様々な業務分野において、パンフレットの積極的な活用が行われている。パンフレットに掲載する事項は、会社案内、店舗案内、提供する商品や役務の内容、キャンペーンの情報、付加的なサービスの提供内容など、業種によって様々であるが、いずれの場合も、このようなパンフレットの配布は、営業活動に必要な情報を顧客に提示する手段として極めて有用である。
【0003】
なお、本願では、「パンフレット」という用語を、種々の商業的情報を掲載して配布する印刷物を広く指す文言として用いることにする。したがって、会社案内、店舗案内などは勿論のこと、商品・役務を掲載したカタログやチラシ、飲食物のメニュー、キャンペーンや催事のお知らせ、クーポン券・サービス券・割引券、カレンダーなどの印刷物も含めて、本願では、「パンフレット」と呼ぶことにする。
【0004】
一方、商業活動を行う際に、社会人としての自分自身の情報を顧客に提示する手段の代表格は名刺であり、営業活動において最も利用頻度の高い道具と言える。したがって、実際の商業活動では、顧客に自社のパンフレットを手渡す場合、名刺を一緒に手渡すことが少なくない。特に、初対面の顧客に対して、自社の業務内容を紹介するとともに、自分自身を紹介するケースでは、通常、パンフレットと名刺とを同時に手渡すことになろう。
【0005】
このような便宜を考慮して、たとえば、下記の特許文献1には、商品カタログ等のパンフレットの裏面に、名刺付着欄を設けておき、ここに自己の名刺を貼り付けて、顧客に手渡すことができるようにする技術が開示されている。また、下記の特許文献2には、名刺と割引券とを同一の紙面上に形成し、両者の境界にミシン目を入れて切り離しができるようにする技術が開示されている。これらの技術を利用すれば、名刺とパンフレットとを一体として手渡すことができるので便利である。

【効果】

【0027】
本考案に係る名刺添付機能をもったパンフレットを用いれば、積層体の最上層と挟持部との間、もしくは最上層に形成されたスリットに名刺を挟むことにより、折り畳んだパンフレットの上面に名刺が保持されるようになるので、名刺とパンフレットとを一体として手渡すことができる。また、積層体は名刺とほぼ同じサイズであり、名刺の一部分のみが隠れた状態になるだけなので、相手方には、名刺を受け取ったという印象を与えることができる。しかも、挟んだ名刺は容易に取り外すことができるので、受け取った名刺の整理も容易になる。

(57)【要約】

【課題】 名刺とともに、名刺の形態をもった物体として手渡すことができ、受け取った相手が名刺の整理を容易に行うことが可能なパンフレットを提供する。【解決手段】 会社案内などのパンフレットとしての記載事項が印刷された表示面を有する紙面から構成された本体部10を折り畳むことにより名刺大の積層体を形成する。この本体部10を構成する紙面に対して折り目を介して連接した紙片から構成され、この折り目を折ることにより、本体部10の最上層11の上に更に積層した状態となる挟持部20を設け、最上層11と挟持部20との間に名刺40を挿入すれば、全体として、名刺の形態をしたパンフレットが形成できる。挟持部20は、本体部10の一部分のみを覆う形態とし、名刺の一部が上方から視認できるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):