(54)【考案の名称】二次元コードシート及び表示シート

(73)【実用新案権者】日本デジタルソフト株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、所定の情報を格納した二次元コードを配置して表面に表示した表示シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、従来型のバーコードの代わりに、二次元コードを利用する事例が増えているが、一般的に普及している二次元コードの撮影装置は携帯電話の撮影装置であることから、二次元コードに格納する情報は一般的にはURLであることが多い。
【0003】
URLを二次元コードにより提供する主たる目的は、当該URLの宣伝広告であるが、当該宣伝広告における当該二次元コードの提供方法は、紙等の印刷可能な媒体への二次元コードの印刷に因る為、広告範囲は限られる。
【0004】
そこで、例えば、実用新案登録3116339号公報では、当該二次元コードを印刷した紙等の媒体の裏面に粘着部を設け、当該二次元コードを印刷不可能な媒体に接着することにより、任意の箇所への貼付が可能になり、広告範囲の拡大を図ることができる。

【効果】

【0012】
本考案に係る二次元コードシートは、二次元コードの周囲にラインを配置しているので、撮影が容易になる。

(57)【要約】

【課題】撮影装置に対して十分な二次元コード画像を提供するために撮影装置の表示部への表示の位置合わせを視覚的に補助するラインを表示した二次元コードシートや暗所のような光源の少ない場所において当該撮影装置に対して補助光源を備えた二次元コードシートを提供すること。【解決手段】本考案に係る二次元コードシート10は、所定の情報を格納した二次元コードを配置して表面に表示した表示シート20と、前記表示シート20の表面に表示された前記二次元コードのコード領域30の外側に、前記コード領域の全体を撮影してコードを解析するための撮影装置50の表示部60が有する少なくとも二カ所の基準位置に合わせるためのライン40を配置して表示した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):