(54)【考案の名称】紙箱収納用組立てスペーサー

(73)【実用新案権者】柳井紙工株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、菓子店等において、菓子やその他の食品等を紙箱に入れて持ち運ぶ際に使用されるものであって、例えば、菓子と菓子との間隙、菓子と紙箱内側面との間隙、又は紙箱内のコーナー部などに置いて、菓子がこれらに接触して傷まないようにするための紙箱収納用組立てスペーサーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、菓子店においては、様々な菓子を生産し販売しており、この様な菓子店では、菓子を販売する際、簡単に組立てられ、保存の際にも嵩張らない紙製の組立て紙箱を専ら使用している。そして、この様な紙箱でケーキ等を持ち運ぶ際、当該紙箱内にケーキ等を詰めた後、ケーキ等とケーキ等の間、ケーキ等と紙箱内側面との間、又は紙箱内のコーナー部などに不要な間隙が出来ることがある。
【0003】
この様な場合、これらの間隙に何かものを詰めなければ、当該紙箱が動揺した際、ケーキ等とケーキ等が接触したり、ケーキ等と紙箱内側面とが接触してケーキ等を痛めることになるので、スペーサーを詰めている。この様なスペーサーとしては、帯状の厚紙の一端縁に係止突起を設け、この厚紙の他端側に一定間隔で係止切り込みを複数個設け、この厚紙を丸めて一端縁の係止突起を他端縁側の係止切り込みの何れかに差し入れて係止して使用するものがある。
【非特許文献1】「ケーキスペーサー1」株式会社パッケージ中澤ホームページより抜粋

【効果】

【0009】
請求項1の考案によれば、帯状の本体の左右の両端縁に係止突起を夫々設け、どちらの係止突起の側から巻きまわしても他方の側の貫通孔や切込みの何れかに上記係止突起を差し入れて所望の大きさの筒状のスペーサーを容易に形成することが出来るので便利である。また、この時、係止突起を差し入れる貫通孔の位置が適切でなかった時は、当該貫通孔の両側に設けた切り込みに差し入れれば、最適な大きさの筒型を形成することが出来る。また、その際、スペーサー本体の不要な部分は、切り込み破線により随時切り離すことが出来るので、スペーサーを適切な大きさに形成し易いものである。
【0010】
また、上記複数のうちの一部の切り込み破線上の中部を円形状の貫通孔として夫々形成したので、当該スペーサーの中に保冷剤等を入れた際、筒型に形成したスペーサーの上下が開口していることに加えて、貫通孔から何が入っているのか一目で分かる。さらに、保冷剤を入れた場合、当該貫通孔を通して冷気が流通し易く、紙箱内の温度上昇を的確に抑制することが出来る。この結果、スペーサーを適切な大きさに形成し易く、菓子店の店頭における様々な要望に答えられるものである。
【0011】
請求項2の考案によれば、上記貫通孔の両側に設けた切り込みを、当該円形状の貫通孔の周縁に略沿って弧状に夫々設けたので、どちらか一方の係止突起を巻きまわせば、本体の他端側に、貫通孔の外、一定間隔で係止突起と同じ湾曲向きの切り込みが並び、当該係止突起を差し入れ易く、筒型を形成し易いものとなっている。
【0012】
また、請求項3の考案によれば、上記貫通孔に沿って設けた弧状の切り込みのうち、隣接するもの同士の中部を水平な切り込みを入れて当該隣接する切り込み相互を連結したので、弧状の切り込みの湾曲向きが巻きまわした係止突起の湾曲向きと異なるものであっても、係止突起が当該水平な切り込みと突き合った際、当該水平な切り込みが開口し、これらの開口部がガイドとなって逆向きの切り込みであっても、係止突起を容易に差し入れることが出来る。
【0013】
請求項4の考案によれば、上記スペーサーを紙箱内の菓子と菓子の間隙、又は菓子と箱内側面との間隙に載置する際、当該スペーサーを多数の切り込み破線により折り込んで上記間隙に見合った形状の多角形状の筒型に形成することが出来るので、菓子の外側面、又は紙箱内側面と安定して当接することが出来、紙箱内で菓子は元より、当該スペーサー自体も無闇に移動せず、より安心出来るものである。

(57)【要約】

【課題】両端に係止突起を設け、切り込み等もほぼ全体に設けて所望の大きさに容易に形成出来、かつ多角形状の筒型に形成出来る紙箱収納用組立てスペーサーを提供する。【解決手段】帯状の本体を巻きまわして筒状に形成して紙箱内に入れた菓子と菓子との間隙に載置して紙箱内を安定したものにするスペーサーにおいて、横長の帯状の厚紙によって本体1を設け、本体1の長手方向の両端に横向き扇型の係止突起を設け、本体1の一端から他端にかけて上端縁から下端縁に至る切り込み破線を一定間隔で設け、各切り込み破線により本体1を切り離し自在とし、複数の切り込み破線のうち一部の切り込み破線上の中部を円形状の貫通孔4として設け、これらの各貫通孔4の両側の上下方向に一定長の切り込みを設け、本体1の一端から他端を巻きまわして一方の係止突起を他方の貫通孔4又は切り込みの何れかに差し入れて所望の大きさの筒型に形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):