(54)【考案の名称】骨盤と背骨のバランス矯正具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、骨盤を矯正する為に骨盤バランスマットに座る事により骨盤を締め付けお尻を正しい形に矯正すると共に、凸付き背当てロールを利用して背骨を伸ばし背骨を正しく矯正し、また矯正座椅子本体に設けられている肘掛の効果を利用して、上半身を左右にねじるように軽い運動の動作をする事により、首筋から腰骨まで柔軟になりさらに背骨の歪みをやわらげるなどの効果を発揮するための骨盤と背骨のバランス矯正具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、骨盤を矯正するにはコルセットなどを用いて矯正させていた。また背骨は背骨を伸ばす為の様々な弓なりの形状をした道具を用いて上向きに寝そべる姿勢の状態で背骨を伸ばしていた。またマッサージと併用したローラー付き等の高価な電動型椅子などを用いて背骨を伸ばしていた。

【効果】

【0005】
矯正座椅子本体に座ると骨盤バランスマットに設けられている矯正お尻定着孔にお尻が安定された状態になり、自分の体重により骨盤バランスマット効果を発揮し、矯正座椅子本体の背当て部に添いながら背を後ろに海老ぞりし体重と足支えにより、矯正座椅子本体の背あて部に設けられている凸付き背当てロールの凸部が背骨を適度に指圧効果を発揮するまた矯正座椅子本体の左右に備えた肘掛け部を利用することにより容易に体をひねる動作ができるので、背筋を伸ばしながら正しい姿勢で効果的な身体のバランスをとる事ができる。

(57)【要約】

【課題】 本考案は、骨盤の歪みと背骨の歪みからくる不健康体の原因を解消し、上半身等の健康体を維持する為の骨盤と背骨のバランス矯正具を提供する。【解決手段】 本考案は、骨盤を矯正する為に骨盤バランスマットを設け、矯正座椅子本体の背あて部に凸付き背当てロールを設け背骨を正し、上半身の歪みを正し、身体の上半身を柔軟にするために矯正座椅子本体の左右に備えた肘掛け部を設けたことを特徴とする骨盤と背骨のバランス矯正具である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):