(54)【考案の名称】格子状のガイドラインを設けたポストカ−ド

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【従来の技術】

【0002】
従来,ポストカ−ドの表地は,郵便番号記入欄以外は無地のものが多かった。
【考案が解決しょうとする課題】
【0003】
これは,次のような問題点があった。
ポストカ−ドの表地に,宛名や文章を書く際,曲がらずに真っ直ぐ書くことが難しく,このため,予め鉛筆で線を引き,後でけしごむで消す例も多い。
このため,葉書やポストカ−ドの利用を敬遠しがちだった。
本考案は,以上のような欠点をなくし,ポストカ−ドを使用する際,予め印刷された格子状の線分のガイドラインに沿って書くだけですむよう,手軽に,快適にに使用できる格子状のガイドラインを設けたポストカ−ドに関するものである。

【効果】

【0006】
ポストカ−ド,絵手紙,絵葉書等の普及がめざましい反面,表地が無地のものが多く,宛名等を曲がらず真っ直ぐに書けるものは見当たらない。
本考案のポストカ−ドは,表地に,予め格子状のガイドラインを印刷することにより,ポストカ−ドを,手軽に快適に使用できるようにしたものである。
本考案の格子状のガイドラインを設けたポストカ−ドは,
(1)ポストカ−ドの表地に格子状のガイドラインを印刷してあることにより,縦書きでも横書きでも曲がらず真っ直ぐに書くことができる。
(2)薄い色で印刷した格子状のガイドラインは,個々の線分ははっきり見えないものの,表地全体としては,線分の色が反映した綺麗な表地が形成され,また,線分の色を変えることにより,違った雰囲気のポストカ−ドとなる。
(3)格子状の線分に変え,線分の交差点を「・」印や「+」印としてもよい。
(4)表地に留まらず,裏地に格子状のガイドラインを印刷することも可能である。
(5)この格子状のガイドラインを設けたポストカ−ドは,郵政公社のはがきや年賀はがきにも利用が可能である。

(57)【要約】

【課題】ポストカ−ドの宛名や文章を,縦書きでも横書きでも,曲がらず真っ直ぐに書けるよう,予め格子状のガイドラインを印刷した方眼紙式ポストカ−ドを提供する。【解決手段】(1)ポストカ−ドの表地の上部の郵便番号記入欄を除いた表地全体について,おおよそ5mm幅の格子状の線分を薄い色で印刷する。(2)表地全体を宛先記入欄として使用する場合と表地全体を宛先記入欄と文章記入欄に二分して使用する場合を想定し,表地中央部の縦の線分は印刷しないこととし,あたかも表地全体に上下2つの方眼紙群があるようにする。以上のような,縦書きでも横書きでも,曲がらず真っ直ぐに書けるようにした格子状のガイドラインを設けた方眼紙式ポストカ−ドであることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):