(54)【考案の名称】折り畳み式携帯電話の表示画面拡大レンズ。

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、折り畳み式携帯電話の表示画面を拡大して視認する、折り畳み式携帯電話の表示画面拡大レンズに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術は、復元力を有した支持腕もしくは弾性体によって表示画面の真上にレンズを持ち上げて焦点距離を確保し、表示画面を拡大視認する構成になっている。
【0003】
従って、表示画面部に装備されている受話用スピーカーに耳をあてて通話する場合に、表示画面の真上に持ち上げられたレンズが障害となる。レンズにスピーカー用の穴を開けて対処してはいるが、該レンズがスピーカーと耳や頬との間に挟まれ、電話機と該レンズとの擦過音など雑音の原因にもなる。同様に表示画面部に装備されている内側カメラでの撮影も、表示画面真上の該レンズがカメラの視界に入り邪魔となる欠点があった。

【効果】

【0008】
以上の説明から明らかなように、本考案にあっては次に列挙する効果が得られる。
(1)請求項1の構成によって、表示画面部の真上に常時レンズが持ち上げら、表示画面をレンズが覆っている状態ではなくなり、メールや写真、インターネットのダウンロード画像およびテレビ等の動画を視認するなど表示画面の拡大視認が必要な時に、蝶番部分の突起部に該フレネルレンズを立て掛けるだけのシンプルな操作で、表示画面を拡大視認できる。
【0009】
(2)請求項2の構成によって、通話時と内側カメラ撮影時には該フレネルレンズを押し釦部側に倒すとはしているが、携帯電話を開いて耳に当てる通常の通話体勢及び内側カメラの電話機を縦に立てた撮影体勢では、必然的に押し釦部側が下になりフレネルレンズは自重によって押し釦部側に垂れ下がる、従って実際の使用状況では特別な操作を必要とせずに通話と内側カメラの撮影に該フレネルレンズは邪魔にならない。携帯電話の開閉動作にも影響を与えず、携帯電話の外観と携行性を阻害しないように、押し釦部と表示画面部とに挟まれて収納することができる。
【0010】
(3)該フレネルレンズが、電話着信時に押し釦部側に倒れていて押し釦に覆い被さっていても、厚さ0.4mm前後のプラスチック素材でできているフレネルレンズは弾性を有しているため、該フレネルレンズの上からでも着信釦を押すことができるので、スムーズに電話にでることができる。また、該フレネルレンズは押し釦部に装備されているマイクを覆う事はあっても密着して封じる事はないので、通常どおり音声による通話ができる。

(57)【要約】

【課題】折り畳み式携帯電話の表示画面を拡大視認する事ができ、折り畳み式携帯電話の開閉動作に対応して操作収納が可能で、通話時には受話スピーカーと耳や頬に挟まれことがなく、内側カメラでの撮影にも邪魔にならない折り畳み式携帯電話の表示画面拡大レンズの提供。【解決手段】折り畳み式携帯電話の表示画面拡大レンズであり、フレネルレンズと装着部で構成され、装着部を押し釦部の蝶番部手前に固着して、前記フレネルレンズを蝶番部分の突起部に立て掛けて、表示画面との焦点距離を確保し表示画面の拡大視認を可能にした。該フレネルレンズを押し釦部側に倒す事で、表示画面部をフレネルレンズが覆う事はなくなり、通話と内側カメラでの撮影を邪魔しない。また、折り畳まれた携帯電話の押し釦部と表示画面部とに挟まれて収納される事を特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):