(54)【考案の名称】ディスプレイ具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はディスプレイ具、特に、揺動可能なスイングラベルを具備させてなるディスプレイ具に関する。

【従来の技術】

【0002】
裏面に粘着剤層が設けられた台紙と、前記台紙から前方へ揺動自在に突出する揺動ラベル部とからなる、所謂、スイングラベルがディスプレイ具として知られている。
前記台紙を商品や陳列棚や店内壁面等に貼着することにより、揺動ラベル部が、陳列棚や壁面等から前方へ立体的に飛び出した状態で、接触や風等によって上下左右に揺動する。前記揺動ラベル部には、商品名や図柄等が印刷されていることから、これを揺動させるスイングラベルは、視覚的にインパクトがあり、平面的な通常の貼着ラベルを貼着させる場合よりも商品を目立たせて広告宣伝効果を得ることができ、高いディスプレイ効果が発揮される。
尚、使用前の前記台紙の裏面の粘着剤層は通常、剥離紙で被覆されている。

【効果】

【0010】
本考案は、上記構成であるから次の特有の効果を有する。
商品に貼着させる既存のラベルや包装容器や包装台紙等を、揺動ラベル部を具備するディスプレイ具として利用することができるようにしたから、別工程により一から製造されるディスプレイ具に比べて、ディスプレイにかかるコストを大きく抑えることが出来る。又、ディスプレイにかかる作業としては、前記基板から揺動ラベル部を突出させるだけであるから、作業時間を短縮させることができる。
【0011】
特に、請求項2にかかる考案のものでは、揺動ラベル部を突出させると、揺動ラベル部が前方へ飛び出した状態で揺動する上に、第1、第2、第3表示部を同時に露出させることができることから、視覚的にインパクトのあるディスプレイ具となり、商品を一層目立たせることができる上に、3つの表示部を設けることにより、広告宣伝内容を充実させることができる。
【0012】
請求項4のように、商品に直接貼着させるラベルに本考案を実施したものでは、揺動ラベル部を突出させる前は従前のラベルと同様に平面的であるから、従来の自動ラベリング装置を利用して商品にラベルを貼着させることができ、ディスプレイにかかる作業効率を向上させることができる。又、請求項5及び6のように、包装容器や包装台紙等に直接設ける構成としたものでは、包装容器や包装台紙等に一つ一つラベルを貼着させる手間が省けるので、ディスプレイにかかる時間を短縮させることができる。

(57)【要約】

【課題】商品を目立たせて広告・宣伝効果を発揮させるために、商品、又は、陳列棚等から前方へ立体的に突出させて揺動させる揺動ラベル部が具備されたディスプレイ具において、ディスプレイにかかるコストを削減できるようにすると共に、ディスプレイするための作業効率を向上させること。【解決手段】表面に全体的にまとまった内容で構成された第1表示部(11)が設けられている基板(10)と、基板(10)内に設けられ且つ、一端を揺動支点として揺動可能に基板(10)から突出する揺動ラベル部(20)とからなり、揺動ラベル部(20)の裏面には第2表示部(12)が設けられていること。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):